女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

あの日の子育て日記 こままごと

2018年6月9日

あの日の子育て日記 こままごと  Vol.23  授乳

 

子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」の原点ともいうべき思い出の数々をつづった「あの日の子育て日記 こままごと」。妊娠した瞬間から「子」と「ママ」の出来「ごと」にあふれたものになるーそれが、「こままごと」と名付けた理由です。その中に、「おままごと」遊びをした時に味わったような楽しさやあったかさも描けたらいいな、との想いもありました。これから子育てする方も、すっかり子育てを卒業した方も、一緒に成長を見守っていただければ幸いです。

あの日の子育て日記 こままごと  Vol.23  授乳

ミルクにおぼれる娘。痛みに泣く母。

 

 産院にいた時から母乳の出がよく、すぐにおっぱいが張ったために、助産師さんに何度もマッサージしてもらったり、搾乳器で搾ってもらったりしました。退院後も相変わらずで、授乳中は、娘がコクコク飲む量よりも大量に母乳が出てしまうせいで、ゴボゴボと口からあふれ出し、母乳におぼれる状態になったことも…。娘が飲んでいるのとは逆のおっぱいから母乳がピュ~ンッと吹き出したりもしました。

 

 また、乳首が切れて痛みとの闘いでもありました。吸われるのがあまりに痛くて胸を持っていかれて、母乳姿勢がつい前のめりに…。耐えきれず泣きながら授乳することもしばしばでした。

 

 おっぱいはよく張りました。自分でマッサージしても痛みが取れず、むしろどんどんひどくなって、涙ながらにその助産師さんの家に駆け込んだこともありました。「よく来たなぁ~。もうちょっとで乳腺炎になるとこやったで」と言われてやってもらったマッサージの強烈に痛かったこと! 本当にすぐ近くに助産師さんがいてくださってよかった…。沐浴の通いの期間が終わってからも、彼女の存在は大きな支えになっていました。

子からママへのメッセージ

 

「ママへ

そんな痛い思いをしてミルクをくれていたんだね。ありがとう。

娘より」