女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

あの日の子育て日記 こままごと

2018年2月3日

あの日の子育て日記 こままごと Vol.5 健診

Pocket
LINEで送る

子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」の原点ともいうべき思い出の数々をつづった「あの日の子育て日記 こままごと」。妊娠した瞬間から「子」と「ママ」の出来「ごと」にあふれたものになるーそれが、「こままごと」と名付けた理由です。その中に、「おままごと」遊びをした時に味わったような楽しさやあったかさも描けたらいいな、との想いもありました。これから子育てする方も、すっかり子育てを卒業した方も、一緒に成長を見守っていただければ幸いです。

あの日の子育て日記 こままごと Vol.5 健診

1時間近くかけての産院通い。
真夏は地獄…。

 

実家近くの産院を選んだことで、徒歩と電車で1時間近くかけて健診に通いました。

 

妊婦には運動が必要、と言われても、やっぱり大変です。特に、雨と暑さにはまいりました。家から最寄り駅まで、妊婦の足では10分以上歩かなきゃいけないでしょうか。雨の中、傘を差しながらエッチラオッチラ。道はあまり広くなく、すぐ隣を車が走ります。水たまりの付近を通るときは、車に水を跳ね上げられないかヒヤヒヤでした。真夏にはずいぶんお腹も大きくなっていました。うだるような暑さの中、必死で通ったことを覚えています。

 

「実家近くを選んだせいで…」と産院選択への後悔を抱いたことも1度や2度ではありません。それでも、少しずつお腹が膨らむにつれ、愛おしさも増していきました。元気に成長している様子を聞ける、その喜びが片道1時間の健診通いを乗り越えさせてくれました。

子からママへのメッセージ

 

「ママへ

寒い冬、雨がちな梅雨、暑い夏…ありがとう。

お腹の中の息子or娘より」

「あの日の子育て日記 こままごと」バックナンバー

Vol.0  プロローグ

Vol.1  妊娠

Vol.2  報告

Vol.3 産院選び

Vol.4 出産予定日

Pocket
LINEで送る