女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

会社情報

代表挨拶

 

どんなに時代が流れても
「紙にしかできないこと」があります

 

株式会社ウーマンライフ新聞社
代表取締役社長 桝田泰典

 

 

 今年入社した新卒の社員が営業先で「紙媒体はもう時代遅れだ」と言われることがよくあるといいます。日本最古の印刷物は8世紀の書物「百万塔陀羅尼」とされています。そんな大昔から親しまれてきた紙がそう簡単に廃るはずがありません。子どもの頃に読んだ絵本、深夜まで格闘した参考書…、すべての人に思い出のある印刷物はたくさんあるはずです。それほどまでに紙媒体が人生に深く関わり続けているのには、多くの理由があるのです。

 

 

 当社で編集記者が紙にしかできない9つのことをブランケット版にまとめました。9つのこととは、①情報が届きます。情報は簡単に検索できる時代ですが、情報の方から手元にやってきます。②情報が埋もれません。情報の量も流れも早い現代において、モノとして存在するので時間が経っても埋もれず存在し続けられます。③家族でシェアできます。家庭に1部でも読者は何倍もいます。一緒に眺めながら話ができます。④五感で味わえます。手触り、ページをめくる音、紙やインクの香り・質量、好きな記事を切り取る時のハサミを伝って感じる振動や音…、様々な器官で感じられます。⑤狙い撃ちができます。「このエリアの人に重点的に伝えたい」「ぜひこの日に読んでほしい」。直接届けられるからできます。⑥自由なデザインで魅せられます。文字を縦や横・斜めに配置したり、色や文字サイズ、写真やイラストとの組み合わせなど、デザインや表現の自由度が広がります。⑦一度に様々な情報を一目でキャッチできる一覧性も大きな特徴です。⑧大きさにインパクトがあります。広げると倍の大きさになる―見た目はもちろん「開く」という動作を伴うことでより印象付けることができます。サイズ感でインパクトを与えられます。⑨情報の信頼性を高められます。紙は明確な責任を持って正確な情報を発信しなければいけません。その慎重さが、読者の「紙媒体に対する信頼感」につながっているのです。

 

 

 上記の紙しかできないことは、イコール当社が発行する紙媒体のことでもあります。読者が求めているもの、時代が必要としているものに私たちの紙を磨きあげれば、読むことが大好きな読者の皆様に共感いただけ、何かのアクションを起こすきっかけづくりが必ずできると確信しています。

 

 

 

2020年11月2日

 

'

沿革

  • 平成7年 8月1日 有限会社ウーマンライフ創立
  • 平成9年 6月 「週刊ライフ」「月刊ライフ東大阪」
    「健康ライフ」発刊
    「金曜ライフ(月刊)」発刊
  • 11月 コンピューター製作部門の拡充開始。 製版出力機導入
  • 平成10年 3月 通信販売プランニングと商品開発開始
  • 8月 組織変更により株式会社ウーマンライフ新聞社設立
  • 9月 「週刊ライフ・月刊ライフ」を「ウーマンライフ」に改題
    株式会社設立記念事業開始
    全国フリーペーパーと提携事業開始
  • 平成11年 1月 「ウーマンライフ神戸版」発刊
  • 3月 「ウーマンライフHEALTHY&BEAUTY」を「ウーマンライフ大阪版」に改題
  • 6月 「ウーマンライフ東大阪版」配布エリア・部数を拡張
  • 8月 神戸市中央区多聞通に神戸支局開設
  • 10月 大阪市西区京町堀に大阪支局開設
  • 平成12年 3月 季刊・素敵生活応援誌「ありがとう」発刊
  • 4月 ウーマンライフ大阪版と東大阪版を統合
    ウーマンライフ大阪東版・南版・北版の3エリアに拡大
    「ウーマンライフ神戸版」月2回刊化
    「ウーマンライフ奈良中南和版」発刊
  • 11月 「ウーマンライフ神戸版」を東版と西版に2版化
  • 12月 「ウーマンライフ京阪版」発刊
  • 平成13年 2月 「ウーマンライフ姫路版」発刊
  • 3月 「ウーマンライフ大阪市内版」発刊
    「ウーマンライフ阪神版」発刊
    「みっけ」発刊
  • 5月 「ウーマンライフ大阪東版」月2回刊化
  • 9月 季刊紙「az(アズ)」発刊
  • 10月 「ウーマンライフ京阪版」月2回刊化
  • 平成14年 2月 「ウーマンライフ京都版」発刊
    「ウーマンライフ名張版」発刊
    東京都渋谷区初台に東京支局開設
  • 4月 「ウーマンライフ東京版」発刊
  • 9月 「ウーマンライフ神戸中央シティ版」発刊
  • 11月 「ウーマンライフ河内版」発刊
  • 平成15年 3月 名古屋市南区千竃通に名古屋支部開設
    韓国ソウル市にソウル支局開設
  • 4月 グループ媒体「楽(RAKU)」愛知県豊田市に発刊
    「ウーマンライフ名張版」月2回刊化
  • 5月 「ウーマンライフ西東京版」発刊
    「ウーマンライフ名古屋東南版」発刊
    「ウーマンライフ京阪版」を北版と南版に2版化
  • 6月 「ウーマンライフ泉州版」発刊
  • 7月 「ウーマンライフ名古屋中南版」発刊
    「ウーマンライフ名古屋北東版」発刊
  • 10月 「ウーマンライフ名古屋西南版」発刊
    「ウーマンライフ名古屋北西版」発刊
  • 12月 「ウーマンライフ名張版」を「ウーマンライフ伊賀・名張版」に改題
  • 平成16年 2月 「ウーマンライフ淡路版」発刊
  • 3月 「どこいこ倶楽部」発刊
    国際標準の品質マネジメントシステムであるISO 9001を取得
  • 6月 京都市中京区烏丸通に京都支局開設
    「ウーマンライフ草津版」発刊
    「ウーマンライフ神戸東版」月2回刊化
  • 7月 「ウーマンライフ大阪南版」月2回刊化
  • 10月 福岡市中央区天神に福岡支局開設
    名張市鴻之台に名張支局開設
  • 11月 「ウーマンライフ久留米版」発刊
  • 平成17年 2月 「ウーマンライフ京都版」を「京都南版」に改題
    「ウーマンライフ京都中央版」発刊
  • 4月 「ウーマンライフ大阪市内ミナミ版」発刊
    「ウーマンライフ大阪市内版」を「大阪市内キタ版」に改題
  • 6月 「ウーマンライフ神戸西版2」発刊
    「ウーマンライフ神戸西版」を「神戸西版1」に改題
  • 8月 名古屋支部を中村区に移転し、支局に昇格する
  • 9月 「ウーマンライフ大阪北版」月2回刊化
    「ウーマンライフ神戸中央シティ版」を「神戸中央シティ版1」に改題
    「ウーマンライフ神戸中央シティ版2」発刊
  • 10月 「ウーマンライフ大阪北版」を「大阪北東版・大阪北西版」に改題
  • 12月 名古屋支局を中村区から南区に移転
  • 平成18年 5月 「ウーマンライフ滋賀スペシャル版」発刊
  • 6月 「ウーマンライフさいたま版」発刊
    「ウーマンライフ福岡南版」発刊
  • 7月 「ウーマンライフ神戸山手スペシャル版」発刊
    「ウーマンライフ奈良中南和版」月2回刊化
  • 8月 「ウーマンライフ帝塚山スペシャル版」発刊
  • 9月 「ウーマンライフ奈良西和版」発刊
  • 平成19年 1月 WEBサイト上に、お店検索「どこいこnavi」設置
  • 9月 タカシマヤ通信販売カタログ同送マガジン「もちつもたれつ」発刊
    枚方市大垣内町に京阪支局開設
  • 平成20年 1月 「ウーマンライフ学研都市版」発刊
  • 2月 東京支局を渋谷区初台から港区芝大門に移転
  • 3月 「ウーマンライフ関西スペシャルセレクト版」50万部発刊
  • 4月 大阪市立天王寺動植物公園とのコラボレーション「Together」を発刊
    社団法人 日本広告審査機構入会
  • 8月 「ウーマンライフ京都中央版」を「京都北版」に改題
  • 10月 「ウーマンライフ大阪南版」を 「大阪堺版・大阪帝塚山版」に改題
  • 平成21年 4月 第3木曜「ウーマンライフ神戸東版」を「神戸山手版」に改題
  • 9月 第2・4土曜「ウーマンライフ奈良版」を「奈良北和版」に改題
  • 平成22年 12月 大阪府・大阪市・セブン-イレブン地域活性化包括連携協定記念
    「大阪-セブン-ライフ」発刊
  • 平成22年 6月 みゆき通り通信「姫路!ダイスキ!」発刊
  • 8月 「ウーマンライフWeb版」創刊
  • 11月 ウーマンライフ北東版を「高槻版」に改題
  • 平成24年 1月 ウーマンライフ大阪東版を「東大阪版」と「八尾版」に分版
  • 1月 健康・美容商品の通販専門情報紙「レッスン・ワン」発刊
  • 4月 「ウーマンライフ滋賀・草津Web版」創刊
  • 8月 ウーマンライフ新聞社創立20周年記念企画「シネマ365日」発刊
  • 平成25年 8月 シネマ365Ⅱ前編 発刊
  • 10月 姫路市商店街連合会 Himeji Ikoka通信 編集・制作受託
  • 平成26年 2月 シネマ365 Ⅱ後編 発刊
  • 3月 ウーマンライフプレミアム版 発刊
  • 4月 京都ムービングライフ 発刊
    名張ゴーガイチケット 発刊
  • 6月 高砂市商店連合会 高砂あきんどマガジン 編集・制作受託
    スマスイPEACE! 発刊
  • 7月 第1・第3木曜「ウーマンライフ奈良版」を「もくなら版」に改題
    メディカルプレミアム 発刊
  • 8月 シネマ365 Ⅲ前編 発刊
    ゆうゆう素敵 発刊
  • 平成27年 1月 「ウーマンライフ播磨東版、姫路・播磨西版」を「はりま版」に改題
    「ウーマンライフ大阪市内ミナミ版」を「大阪まんなか版」に改題
    「ウーマンライフ大阪市内キタ版」を「大阪ウメキタ版」に改題
  • 2月 住宅情報紙 住むスム。発刊
  • 3月 北播磨広域観光協議会 ハートにぐっと!きたはりま 編集・制作受託
    シネマ365 Ⅲ後編 発刊
  • 7月 京都ムービングライフTOKYO 発刊
  • 10月 シネマ365 Ⅳ前編 発刊
  • 平成28年 1月 悠々ライフ 発刊
    第3木曜「ウーマンライフもくなら版」を「もくナカ版」に改題
    スペシャルライフ 発刊
  • 4月 Men‘sLife(メンズライフ) 発刊
    ウーマンライフ新聞社「とりせつ」発刊
  • 7月 シネマ365 Ⅳ後編 発刊
    いいもの、いいこと発見!発刊