女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2022年3月4日

花粉症 目のかゆみをすぐ抑える4つの対処法 すぐ役立つ目のかゆみ対策

花粉症、目のかゆみを薬に頼らず緩和したい!

 

いよいよ花粉シーズンが本格化。筆者も毎年花粉症に悩み、目がかゆい時のあのイ~~~~(>_<)というツラさはよくわかります。こすってはいけない、目薬をさしてもすぐカユくなる。とにもかくにも今すぐ何とかした~い! そこで、目のかゆみに効くツボなど、薬以外にかゆみに対処できる簡単な方法を調べてみました。地獄の花粉シーズン、ぜひお試しください。

目薬を使わず、目のかゆみを抑える4つの対処法

 

花粉症対策1. 目を冷やす

 

清潔なタオルを用意し、冷たい水に浸して搾り、しばらくまぶたの上に置いておくと、かゆみが和らぎます。乾いたタオルにケーキなどについてくる保冷剤をくるんで利用してもOK。

 

 

花粉症対策2. 目を洗う

 

目の付着した花粉を洗い流すのに、目を洗うのは有効です。ただし、目を覆っている涙と同じ成分の人工涙液などを使用してください。水道水には塩素が含まれているため、目の表面を傷つける恐れがあります。目を守っている涙も洗い流してしまう点でも、水道水での洗眼は避けた方がいいでしょう。

 

 

花粉症対策3. アロマを利用

 

軽く濡らしたハンカチやティッシュにカモミールの精油を1滴たらし、瞼に軽く充てる。

 

 

花粉症対策4. 目の不快感やはれぼったさを抑えるツボを刺激

 

目の充血や腫れぼったさを抑えるツボをご紹介しましょう。

 

 

 

 

「魚腰(ぎょよう)」

眉の中央にあるツボで、やや下から押し上げるように刺激しましょう。

 

「太陽(たいよう)」

眉尻と目尻の中間、こめかみのくぼんだ所にあるツボです。口を閉じて開けた時に少しへこむ部分になります。このツボを通して、側頭筋や外眼筋に刺激を与えられます。

 

「清明(せいめい)」

目頭と鼻の付け根の骨の間にあるツボです。このツボは、目が疲れた時、知らないうちに押さえている、という方も多いかもしれませんね。人差し指と親指の腹でつまんで、ぐっと押しこむように刺激しましょう。

 

「承泣(しょうきゅう)」

下まぶたの中央、黒目の真下にあるツボです。下から押し上げるように刺激しましょう。

 

 

また、腕や脚にも症状を抑えるツボがあります。

 

 

 

「曲池(きょくち)」

ひじを曲げた時にできる横じわの外側の端にあるツボで、肘関節の際にあたります。目の不快な症状の緩和が期待できます。

 

 

「手三里(てさんり)」と「足三里(あしさんり)」

「手三里」は、ひじを曲げた時にできるシワから指3本分、手首側にあるツボです。「足三里」は、ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指を合わせて指幅4本そろえて当てて、小指の部分です。2つの「三里」は左右の手足をセットで行うと、花粉症の不快な症状により効果が期待できるといわれています。

 

 

くれぐれも、目はこすらないように! 角膜が傷つく恐れがあります。

上記の方法はかゆみの応急的対処法です。そして、個人差もある旨ご了承を…。

ひどい場合、対処しきれない場合は早めに眼科を受診してくださいね。

春だけじゃない!? 年中飛散。秋にも注意!

 

花粉症と言えば「春」のイメージですが、なんらかの花粉が年中飛散しています。特に、春同様「秋の花粉症」にも要注意。秋の花粉症は気管支や肺の病気につながる可能性もあるため、風邪かな、と安易に判断せず、不調を感じた場合は早めに病院へ行くようにしましょう。

あなたにオススメ