女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2018年8月28日

緑に囲まれた古本屋さん 「古本 三歩書店」

緑に囲まれた古本屋さん 「古本 三歩書店」
季節により表情を変える庭

 

古本の魅力は懐かしさや絶版になった本との出会い。ユニークな書体のショップカードに誘われ足を運んだのは「古本 三歩書店」。伊賀市上野市街から丸柱方面へ車で約20分の山間にあります。遠くは名古屋や大阪からも古書ファンが訪れるお店です。

 

開店から丸2年。本好きで、古本市巡りを共通の趣味としてきた吉住さんご夫妻は「還暦を越え、新しいことに挑戦するラストチャンス」と長年温めていた思いを実現したそうです。自宅の一角を、大工でもある御主人の慶男さんが改装した店は、広さ6畳ほど。「三歩でまわれるから」と店名の由来にもなっているとか。

緑に囲まれた古本屋さん 「古本 三歩書店」
音楽好きのご主人がセレクトした音楽が流れる

 

エッセイや旅、音楽、絵本など、ご夫婦それぞれが面白いと思う視点で選んだ約1700冊の本が並んでいます。 現在は「気がつけば和田誠」と題した特集コーナーを設けています。「ページをめくると居ながらにして別世界に飛べるのが本の魅力ですね」と妻の芳子さんは笑顔で話してくれます。

 

野鳥のさえずりもBGMとなる癒しの空間にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。