女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2021年10月25日

ハロウィンの起源・由来は?
仮装&かぼちゃ料理で楽しもう!

【ハロウィン雑学】
ハロウィンっていつ? 起源・由来は?
なぜ仮装するの? かぼちゃのオバケって何者?

 

ハロウィンっていつ?

街にハロウィンのディスプレイが目立つようになりました。「ハロウィンっていつ?」と思っている方、答えは「10月31日」です!

 

 

ハロウィンの起源は、ナント紀元前!

古代ケルトでは111日が新年で、前夜の1031日から秋の収穫物を集めた盛大なお祭りが開かれており、この日に死後の世界との扉が開き、先祖の霊が戻ってくると信じられていたことが、ハロウィンの起源だとされています。今や日本でもすっかり定着しましたね。

 

 

ハロウィンの仮装にも意味がある!

とご存じでしたか?

近年では日本でも「ハロウィンに仮装する」のがイベント化していますが、そもそも、ハロウィンには先祖の霊だけでなく悪魔や魔女なども死後の世界からやってくるため、仲間だと思わせて身を守ろうと仮装をしていたそうです。

 

 

また、ハロウィンにつきものの「かぼちゃのオバケ」ですが、これは「ジャック・オウ・ランタン」と言って、かぼちゃをくり抜いて顔を作った中にロウソクを立てたちょうちんです。先述の悪霊払いの「火」に由来するとされています。

 

 

ではここで、ジャック・オウ・ランタンにまつわる昔話をご紹介しましょう。

 

 

ジャック・オ・ランタン 昔話

 

ある日、悪魔が怠け者の鍛冶屋・ジャックの悪い魂を奪いに来ました。ジャックは「10年間、お金に困らないようにしてくれたら魂をやろう」と約束させました。

 

10年後、ジャックは再び現れた悪魔に「最後に木になっているリンゴが食べたい」とリンゴを取らせます。実はその木に十字架を刻んでおいたのです。「オレを地獄に落とさないと約束するなら助けてやろう」。悪魔は仕方なく承諾しました。

 

やがて、ジャックに寿命がきました。地獄には落ちませんが、生前の悪行のせいで天国でも受け入れてもらえません。ジャックはカブを切り抜いた中に悪魔がくれた石炭を入れ、その灯りを頼りに天国と地獄の間をずっとさまよい続けています。

 

 

これはほんの一説。物語には何パターンもあるようです。

 

 

「ジャックのちょうちん=ジャック・オ・ランタン」と呼ばれ、今ではハロウィンの有名アイテム。このように本来はカブでしたが、アメリカではこの時期にたくさん収穫できるカボチャを使ったランタンが一般的となりました。日本でも有名になったあのオレンジ色をした大きなカボチャ、食べることが可能な品種ですが、ほとんどが食用ではなく飾り用として使われているそうです。ただし、「新鮮な場合」に限るため、カボチャで飾りを作って充分飾った後で食べる、ということは避けてくださいね。

 

【仮装のアイデア】
おうちで、ペットと、子どもと、家族で!
テーマを決めて仮装を楽しもう!

 

ワンポイントの仮装でも気分が上がる!

そろそろパ~ッと騒ぎたい!という気持ちになっていると思います。だから、ハロウィンはもってこいのイベント!

 

しかし、「この際だから、仮装をしよう!」とお思いの方も、どんな仮装をすればいいのか頭を悩ませるところです。

そこでまず決めたいのが、どんな目的で、どんなイメージを目指すか、ということです。

 

 

1. 普段は着られないような、カッコいい・かわいい衣装を着たい

→ミニオンズや白雪姫などのキャラクターや、キュートなデビル、クールなドラキュラなど

 

 

2. グロテスクで人を怖がらせるような仮装をしたい

→血まみれナース、頭に斧が刺さっているマスク、ゾンビなど

 

 

3. ウケを狙ったおもしろ系に挑戦したい

→今年流行した芸人の格好、全身被り物など、

 

 

4. 仮装するのは恥ずかしいけれど、ちょっとだけ雰囲気を味わいたい

→ネコ耳、魔女ハットなど

 

 

 

ペットやお子様、ご家族みんなで仮装を!

このご時世、大勢の友達と集まって仮装パーティーを開きづらかったりもしますが、こうすれば、家でも十分楽しめますよ。

仮装をしたワンちゃんや猫ちゃん、ちびっこはめっちゃかわいい♪ 

一緒に写真を撮ってSNSにアップしたらバズるかも!?

これを機にSNS を始めてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

お手頃価格でコスチュームや小道具が販売されています。

せっかくだから「自分がやってみたい仮装」を楽しんでみませんか?

【おいしいハロウィン】
ハロウィンパーティーに使えるかぼちゃの簡単レシピ

 

 

かぼちゃはちょうちんオバケを作るより、おいしく食べたい!という方にお勧めなのが、かぼちゃの簡単グラタン。大皿で作れば、ハロウィンパーティーにもピッタリですよ。

 

 

かぼちゃグラタンのレシピ

 

(材料・大皿1皿分)

かぼちゃ…1/2

タマネギ…中1個

合びきミンチ…200

塩・コショウ・ウスターソース…適量

とろけるチーズ…適量

パン粉…1/2カップ

溶かしバター…大さじ3

 

(作り方)

1.かぼちゃは種を除き、軽く皮をむいて適当な大きさに切り、柔らかくなるまで茹でる。

21の湯をしっかり切り、再び火にかけて残った水分を軽く飛ばしたら、熱いうちにマッシャーでつぶしておく。

3.タマネギはみじん切りにし、しんなりするまで炒めて、さらにミンチ肉を加えて炒め、塩・コショウ・ウスターソースで調味する。

423を混ぜ、耐熱皿に入れて上からチーズをたっぷりかける。

5.パン粉と溶かしバターを混ぜあわせ、4にふりかける。

6180℃に熱したオーブンで、810分、焦げ目がつくまで焼いてできあがり!

 

Point!

・全てに火が通っているので、焦げ目をつけるだけで仕上げOK! 下ごしらえしておいてお客様にアツアツを出しやすい、便利なパーティーメニューです。

・パン粉にバターを混ぜておくことで、焦げ目がつきやすくなります。

 

ハロウィンパーティーをする際は、ハロウィンデザインのカップやお皿・ナプキンなどを揃えるだけでも、普段のお料理がグッとハロウィンぽくなって盛り上がりますよ。

 

 

他にもいろいろ!

ハロウィンにピッタリの簡単かぼちゃレシピ

 

かぼちゃのごっちゃ煮

カボチャとキャベツの炒め物

ココナッツミルクのホッコリ煮

かぼちゃのミルク煮

かぼちゃのゴマ団子

 

別ページでレシピ公開中!(料理名クリックで飛びます!)

 

 

今年は「大人数で騒ぐ」を自粛しようとお考えの方も多いかもしれませんが、家族で仮装をしたり、リビングを飾ったり、パーティー風の夕食にしたり、ハロウィンを楽しんで気分をリフレッシュするのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

あなたにオススメ