女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2018年12月14日

【手紙の書き方特別編】クリスマスカードに添えたい英語の一言メッセージ 

カードもInstagramも英語メッセージでオシャレ度アップ!

 

もうすぐクリスマス!クリスマスプレゼントにカードを添えたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。外国生まれの行事のせいか、クリスマスカードにはちょっと英語を添えたい気分になりますよね。クリスマスをテーマにした写真をInstagramなどのSNSにあげたい、その時にちょっとカッコよく英語のメッセージを添えてみたい!とお考えの方も少なくないと思います。

日本人同士のやりとりに難しい英語は不要!

 

とはいえ、Merry Christmas!以外に何を書けばいいのかわからない。

そもそも英語は苦手…。

だからと言ってあきらめる必要はありません。

日本人の友達や家族に送るのなら、むしろ相手にもわかる簡単な英語のほうがいいというもの。シンプルだけど、ちょっとクリスマスっぽく、オシャレになる言葉を知っておくと便利ですよ。

 

 

「Merry Christmas!」だけじゃつまらない!

 

今まで日本語でメッセージを書いてきた方も「Merry Christmas!」だけは英語で書く、という方も多いでしょう。

 

でも、その一文だけでも、ちょっと工夫すれば、当たり前感・マンネリ感から脱することができるんです。

Happy Merry Christmas!
Merry Christmas to you!

 

どうですか?少~し加えただけで、ちょっと華やかさや特別感が増すと思いませんか?

 

 

歌でおなじみ、

I wish you a Merry Christmas.
(あなたにとって楽しいクリスマスであるようお祈りします)

もいいですね。

I hope you have a great (nice‚wounderful‚merry など) Christmas.
(すてきなクリスマスをお過ごしください)

May your Christmas wishes come true!
(クリスマスのお願いごとが叶いますように!)

 

も、一言添えるには簡単でおしゃれなセンテンスです。

 

年賀状を送らない方には新年の挨拶も兼ねて、
Wishing you a Merry Christmas and a Happy New Year.
(楽しいクリスマスと幸せな新年をお祈りします/メリークリスマス! よいお年を!)
としてはいかがでしょう。

 

 

署名にも一工夫!

 

また、署名するときにも、自分の名前の前に

Best Wishes‚“名前“
(ご多幸を祈って・・・”○○”より)

などとすると、ちょっと「できる人」感が出ますよ。

 

クリスマスカードはかわいいテンプレートデザインだけで十分楽しめるもの。

日本人同士のやりとりに、ムリして難しい英文を連ねる必要はないと思います。

定番のフレーズを一言添えるだけでOK! 

クリスマスらしく、オシャレに言葉を添えたい方はご参考に…。

 

 

あなたにオススメ