女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

スポーツ

2018年12月22日

2019年1月、「マスガスピリッツ」誕生! 橿原市の少年野球チームが新体制に。

子どもたちが投票でチーム名を決定!

「礼儀も大切に指導していきたい」と話す
「マスガスピリッツ」の森聡新監督(上)。
家族やOBの協力も大きい(下)。

 

 橿原市の真菅小学校内にはこれまで「マスガファイターズ」と「マスガスカイヤーズ」という二つの少年野球チームがありました。それぞれ40年以上の歴史を有する伝統的なチームですが、数年前から合併の話が出ていたそう。

 

  「いろんな意見があってずっと実現できずにいましたが、ようやく20191月から新体制で活動することになりました。新チームの名前は『マスガスピリッツ』。子どもたちから案を募り、投票して決定したんですよ。新ユニフォームもいくつかデザイン候補を出し、投票で決めました。袖には前身の『マスガファイターズ』のイメージカラーだった赤と『マスガスカイヤーズ』のイメージカラーだった青の2色のラインが入っています」。そう話す森聡新監督は、旧マスガスカイヤーズの監督で根っからの野球人。旧マスガファイターズの田村清志監督は新チームではGMを務め、選手のお父さんやチーム出身者もコーチとして参加しています。

野球の技術力向上を目指しながらも、礼儀を重視

新キャプテンの西悠介くん。
「チーム一丸となって勝ち抜きたい!」

 

   「両チームとも礼儀や挨拶を重んじてきましたが、新チームになってもそこは変わりません。『野球部のみんなはきっちりしているな』と言ってもらえるよう、野球の技術だけでなく礼儀の面でも引き続き指導していきたいですね。子どもたちも、これまでチームは違っても同じ小学校に通う友達同士だったので、新体制になってもすぐに団結力を発揮してくれると思います。学年ごとの層も充実してそれに見合った練習もしやすくなり、より強いチームになるのではと期待しています」と森新監督。新チームの初代キャプテンを務める西悠介くんも「低学年の子たちをおいてきぼりにしないよう気を付けたいです。しっかり声を出して、チーム一丸となって勝ち抜きたい!」と抱負を語ってくれました。

 

   「マスガスピリッツ」として最初に目指すのは、春に行われる県大会出場。

   「まずは2月下旬に橿原市予選がありますので、それに向けてすでに練習を始めています。これまでの卒部生には甲子園出場者もいます。新体制のチームになっても、卒部後、野球を続けてくれる子が一人でも多く出てくれたらいいなと思います」(森新監督・談)。

 

 毎週土・日・祝日、真菅小学校五井グラウンドにて練習。ご興味のある方は森監督まで体験・入部のお問い合わせを(TEL090-5886-8876