女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2019年1月28日

2019年の恵方は東北東のやや東! 節分に食べるものは? 恵方巻き丸かぶりのルールは?

もうすぐ節分! 恵方巻きのみならず、節分に食べるといいとされるものにはいくつかあります。その意味や「恵方巻き」の正しい食べ方など、節分で福を呼ぶためのアレコレをご紹介します。 

 

恵方巻き=丸かぶり、4つのルール

 

「恵方巻き」は本来、七福神にちなんで7種類の具を入れるものとされていました。しかし、7種類にこだわらなくても大丈夫。下記のルールに従って食べきれるような、お好みの巻きずしを用意しましょう。

 

1.恵方巻きは切らない!

「恵方巻き」は、「縁を切らない」という意味から、切り分けず、1本丸ごと食べます。

 

2.その年の恵方を向く

その年の恵方を向いて食べます。2019年の恵方は「東北東のやや東」になります。

 

3.黙ったまま食べきる

恵方巻きは1本食べきるまでしゃべってはいけません。それは、恵方巻きと一緒に口に入れた「福」が逃げてはいけないから。願い事をしながら無言で食べきると、願い事が叶うともいわれています。

 

4.1本すべてを食べきる

口から離さず一気に食べる、口から離してもいいけれど途中で他の物を口にしてはいけない、途中でお茶は飲んでもいい、など諸説ありますが、1本すべてを食べきりましょう。

イワシ=丸焼きで、魔除けに!

イワシは、「魚」偏に「弱」で「鰯」と書きます。そして、臭いも強い…。そんな弱くて臭いのあるイワシを食べると「陰の気を消す」とされています。また、臭いと煙が「魔除け」になるとして、丸焼きにして食べるのがお薦めです。

 

焼いた頭をヒイラギの枝の先につけて玄関先に挿す「ヤイカガシ(焼き嗅がし)」は、ヒイラギの棘や焼いたイワシの強い臭いで、鬼(悪霊)を追い払うものとされています。

蕎麦=「年越しそば」で金運!長寿!厄除け!

現在は、1231日に食べる蕎麦を「年越しそば」と言いますが、実は、江戸時代後期までは「年越しそば」は「節分に食べる蕎麦」を指していたそうです。これは「立春(一年の最初の日)の前日」である節分が、年の最後の日であるためで、節分に食べる「年越し蕎麦」には様々な理由があります。

 

○お金がたくさん集まる説(晦日蕎麦)

金箔を使う細工師は、飛び散った粉を回収するために、”そば粉”を用いて集めたそうです。そこから「月末(年末)は、お金がいっぱい出て行くので、晦日(大晦日)にそばを食べて、来月(来年)はお金がたくさん集まるように」との思いから、”晦日(大晦日)にそばを食べる”という「晦日蕎麦」の習慣が生まれたとか。

 

○災難を断ち切る説

蕎麦は細いのですぐに切れます。そこで、「厄を断ち切るために、そばを食べて来年(来月)はいい年にしよう」との思いから、蕎麦を食べたという説。

 

○長生き説

そばは細長い食べ物。そこで、長寿を願って蕎麦を食べる習慣がうまれたという説。

 

○健康食品説

ソバは健康に良いという説が流行ったから年越しに蕎麦を食べたという説。

 

○ソバあやかり説

ソバという植物は、風で倒れてもすぐ起き上がるので、そのたくましさにあやかったから年越しに蕎麦を食べるようになったという説。

 

と、節分(年越し)の蕎麦には諸説あります。

豆=年の数だけ食べて厄除けを

豆まきが終わったら、1年の厄除けを願って豆を食べます。豆の数は、もともとは満年齢+1つ(数え年)だったようですが、地方により異なります。「年を取ってからいっぱい食べるのは歯が…」とお思いの方は、福茶を飲む方法でもいいそうです。

 

1年に一回の節分。いいとされる食べ物を食べて、福をしっかり呼び込みませんか?

 

こちらもご参考に!

節分に豆まきをする意味は? 豆まきの正しいやり方は?

2019年 有名人が参加する豆まきイベント【関西】

お寺での福豆まきに行ってみたい!奈良の節分行事