女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

おいしいランチ

2019年1月31日

編集長が行く!オープンSHOP 食べタリ 飲んタリ おしゃべりしタリ「tali(タリ)cafe&meal」|名張市

編集長が行く!オープンSHOP 食べタリ 飲んタリ おしゃべりしタリ「tali(タリ)cafe&meal」|名張市
店の1階には広々した駐車場スペースも

 

おしゃれな空間で、野菜たっぷりのおいしいランチや手作りケーキが食べられると評判のお店が「tali café&meal(タリ カフェ&ミール)」。名張市百合が丘にあった「カフェ Anene(アネネ)」が、なばり自動車学校近くに移転し、昨年12月に店名も新たにリニューアルオープンしました。

 

店長の古澤真紀さんは「『待ってたよ』とお花を持ってきてくださるお客様もいらしてうれしかったですね。駐車場が広くなったことと、内装が自分のイメージ通りに仕上がりとても満足しています」とニッコリ。

大きなカップに注ぐ思い

編集長が行く!オープンSHOP 食べタリ 飲んタリ おしゃべりしタリ「tali(タリ)cafe&meal」|名張市
2~3日で変わるランチメニュー、この日のメインは舌平目フライ

 

人気のランチは2種類。Aランチは、日によって変わる魚か肉料理のメインに新鮮なグリーンサラダ・組み合わせが楽しい小鉢3品とご飯・味噌汁・漬物にデザートと飲み物がついてボリューム満点なのに、なんと1,300円(税込み)。大ぶりのカップにたっぷり注がれる飲み物には「ゆっくりおしゃべりしタリ、のんびりとくつろいでくださいね」という古澤さんの思いが込められているそうです。

 

「旬の野菜を使い、食べたことのないような組み合わせを考え、ひと工夫するのが楽しいです。『おいしい。どうやって作るの?』と言われると、喜んで作り方もお教えします。おかずのヒントにしてもらえればうれしいですね。

こだわりの空間

編集長が行く!オープンSHOP 食べタリ 飲んタリ おしゃべりしタリ「tali(タリ)cafe&meal」|名張市
深緑色の壁が空間に落ち着きを醸し出す

 

リニューアルに伴い力を入れたのが、お店の空間作りだったそうです。物件探しからこだわり「自分のセンスにぴったり合う大工さんにめぐり合えたのがラッキーでした」と振り返る古澤さん。「テーブルに使う古材の仕入れに足を運んだり、壁の一部に印象的な深緑色を塗ったり、お気に入りのタイルを張ったりと、内装作りにも楽しく加わったので愛着もひとしおです。思っていた以上の出来に喜んでいます」と目を輝かせます。

 

さらに昼間のカフェでは使っていないのですが…と通された扉の奥には、カウンターを備えた別空間も。「夜の通常営業も準備中です。4月には沖縄からのシンガーを迎えてライブイベントを企画しています。映画が好きなので、いずれ映画の上映会もしたいですね。これからはさまざまなイベントも企画し、広がっタリ、つながっタリする場にしていきたいです」と話してくれました。

 

また、お弁当(650円~2,000円)やオードブル(3人前3,600円~)も、事前予約で承っているそうです。