女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

プレゼント

2019年3月10日

MIHO MUSEUM「2019年春季特別展『大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋』鑑賞券」(1,100円相当) 2組4名様にプレゼント

禅と茶の至宝、龍光院四百年の扉が開く

MIHO MUSEUM「2019年春季特別展『大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋』鑑賞券」(1,100円相当) 2組4名様にプレゼント

 

京都紫野にある大徳寺龍光院で、開創以来四百年にわたって大切に守られてきた桃山から寛永、そして今に続く寺宝の全容が初めて明かされる春季特別展「大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋」が、3月21日(祝)~5月19日(日)までMIHO MUSEUMで開催されます。

代々の住持が祈りの心で守り抜いてきた寺宝が一挙公開

MIHO MUSEUM「2019年春季特別展『大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋』鑑賞券」(1,100円相当) 2組4名様にプレゼント

 

龍寶山大徳寺は嘉暦元(1326)年、大燈国師・宗峰妙超によって開かれた臨済禅の大本山。その塔頭のひとつ龍光院は、黒田長政が父・黒田孝高(如水、官兵衛)の菩提を弔うため、龍光院二世の江月宗玩(1574-1643)を実質的な開祖として、慶長11(1606)年に建立されました。当時の龍光院は、高松宮好仁親王・小堀遠州・松花堂昭乗ら、一流の文化人が集う寛永文化の発信地でした。爾来四百有余年その法燈を守り続け、開祖の教えを今に伝えています。

 

江月宗玩は大坂堺の豪商、天王寺屋・津田宗及の次男として生まれました。宗及は織田信長と豊臣秀吉の茶頭も務めています。しかし宗及の跡を継いだ江月の兄・宗凡は早逝、やがて大坂夏の陣が勃発し、放たれた火によって堺の町は灰燼に帰し、繁栄を誇った天王寺屋も命運尽きたのでした。

 

「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」は、龍光院の全面協力を受けて、曜変天目、密庵咸傑や竺仙梵僊の墨蹟(以上国宝)、柿栗図(伝牧谿筆)、山水図(伝馬遠筆)、油滴天目(以上重要文化財)など、江月によって奇跡的に守られた天王寺屋伝来の茶道具、寛永文化の美を伝える江月所用の品や江月に帰依したゆかりの人々の文物、歴代寺伝の什物などが初めて一挙公開される歴史的な展覧会です。一般の拝観を受け付けず、これまで目に触れる機会がほとんどなかった龍光院の至宝を堪能できる千載一遇の機会となるこの展覧会の鑑賞券を2組4名様にプレゼントします!

 

※会期中一部展示替えあり

★プレゼント応募方法★

▼プレゼント名/MIHO MUSEUM「2019年春季特別展『大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋』鑑賞券」

▼プレゼントID/W1140261

▼締切/2019年3月25日

▼当選数/2組4名様

★応募手順★

1.応募するボタンをクリックして、応募フォームへ進んで下さい。

2.必要事項を記入し、『確認』ボタンを押して下さい。

3.間違いがなければ『送信』ボタンを押して受付完了。

※抽選の上、当選はプレゼントの発送をもって代えさせて頂きます。

※当選者にはプレゼント提供企業より直接商品をお届けする場合があります。

※記載していただいた個人情報は、プレゼントの発送と、弊社統計資料及びイベント・通信販売等でのご案内以外には使用いたしません。

※プレゼント商品へのご応募は弊社からの案内を承諾したものとします。