女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2019年3月26日

【大阪・堺市】永代供養付き合葬型墓地「月蔵寺 日月園」で市民向けに特別受付

 

堺の地で1495年に開創した「青陽山月蔵寺」は、堺市指定文化財『寺宝釈迦涅槃図』豊臣方武将大野道犬斎治胤の慰霊塔地割奉行風間六右衛門の墓所でもあります。そんな由緒あるお寺の合葬型墓地「日月園」が整備した「合葬型永代供養墓」が地域住民の方に向けて約400体限定で大規模な募集を開始しました。

お墓は心の拠り所
もっと気軽にお墓の在り方を…

 

死と向き合い、最期まで自分らしい人生を送るための準備を行う「終活」が周知されてきた昨今、墓地への関心はますます高まりつつあります。核家族化や働き方の多様化などで家族形態も変化を遂げ、お墓を持たない選択または方個人でお墓を建てることをしない選択(合葬、合祀)をされる方も増えています。

 

しかし、お墓は心の拠り所でもあります。だから、儀式や形にとらわれるよりもっと気軽にお墓の在り方を感じてもらいたい…そんな思いから、歴史ある青陽山月蔵寺でも宗旨宗派を問わず納骨を受け付ける合葬型墓地「日月園」が作られました。

地域住民の合葬型永代供養墓募集を
月蔵寺が大規模に行う、異例の事例!

 

墓選びの在り方が多様化している現代において、「合葬型永代供養墓」のニーズが年々増えています。これまでに秋田市や神戸市など自治体主導で行った募集には申し込みが殺到。いかに将来の墓地管理を不安視している方が多いかが伺えます。だからこそ、月蔵寺がその受け皿的役割を担う、そんな画期的な取り組みに着手したのです。

 

通常のお墓の場合、墓石を含む初期費用で約200万円、そのご管理費で年間数千円~1万円程度が必要となりますが、今回募集する合葬墓は1体あたり5万円と、自治体の合葬墓に準じた安価な価格設定となっています。毎月とり行う納骨式にてご家族の方の手で納骨が可能。遠方で立ち合えない場合も、月蔵寺が責任を持って納骨してくれます。納骨冥加料・御回向料・永代供養費・管理費込。年4(3月・8月・9月・12)供養祭も行われます。

 

お寺が整備した「合葬型永代供養墓」を地域の住民の方に向けて受け入れ態勢を整え、安価な価格設定で大規模な募集を行うのは、今回が初の事例。堺の町並みに情趣ある瓦の築地塀より山門を潜ると、美しい緑豊かな境内が見え、シンプルに美しく人の心に響くお墓がある…。この貴重な機会に、そんな月蔵寺でのご供養を考えてみませんか?約400体限りとなりますので、お早めにご相談ください。

 

平成31年度「合葬型永代供養墓」募集要項

 

募集期間:319()43日(水)

募集人数:約400

受付対象:埋蔵申請・改装申請・生前申請(60歳以上)

金額:5万円(納骨冥加料・御回向料・粉骨・洗骨・永代供養費・管理費込)

専用HPhttps://nichi-gatsuen.com/gassou.html

 

あなたにオススメ