女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

スイーツ

2019年4月23日

毎日食べたくなるパンがズラリ!パン処 響(ひびき)

毎日食べたくなるパンがズラリ!パン処 響(ひびき)
店の前にはゆったりした駐車スペースも!

 

扉を開けると、焼きたてパンの香りとともに目の前にはパンがズラリ。「わあ、おいしそう」と思わず声がでます。名張市鴻之台にある「パン処 響」はオープンして約半年、子どもからお年寄りまで、多くの方が「おいしいパン」を求めて足を運ぶお店です。

 

代表の萩森晃洋さんは「『響』の中の郷という字には、ごちそうを中心にして人が向かい合うという意味があります。パンを囲んで、おいしさと笑顔が周りに響いてほしいと願いを込めました」と話します。

オーソドックスな味を追求

毎日食べたくなるパンがズラリ!パン処 響(ひびき)
焼きたてのパンが並ぶ店内

 

ポップな音楽が流れる店内には、食パン・デニッシュ・ドーナツ・サンドイッチなど約80種類ものパンが並んでいます。中でもお店の一押しは「くるみ全粒粉食パン」(450円)。「食物繊維をたっぷり含んでいるので、健康志向の方には特におすすめですね」と力を込める萩森代表。

毎日食べたくなるパンがズラリ!パン処 響(ひびき)
店イチ押しの「くるみ全粒粉食パン」

他にも「響」の焼き印が押してある「響オリジナル食パン」(1斤370円)は、うどんに使う国産の粉を使い、もちっとした食感と腹持ちの良さが特長です。「毎日食べても飽きないように、また、何もつけなくてもおいしく食べられるようにと考えて、材料の配合を工夫しています」

 

さらに、おやつパンも豊富なこの店の人気NO.1が「響の絶品シュークリーム」(230円)です。材料にこだわり、皮がサクサク、中にぎっしり詰まった生クリームとカスタードクリームのダブルクリームは絶妙の割合。大ぶりなので食べ応えも十分です。

 

店内には、カウンター6席のイートインスペースと本格コーヒーマシンを備えています。ちょっと腰を下ろして、一服できるのもうれしいですね。

お客様の声を励みに

職人としてパン作りを任されている店長の嶋充章さんにもお話を伺いました。

 

「パンはイースト菌で発酵する生き物です。その日の気温や湿度に合わせて発酵のタイミングを見極め、おいしいパンが焼けるように心を砕いています。お客様に『パンはあまり好きではなかったけど、ここのパンなら食べられる』と言われた時はうれしかったですね。パンがおいしいのはもちろん、『いつも元気な人がいる』と長く愛される店にしていきたいですね」と笑顔で話してくれました。

プレゼント

購入時に「ウーマンライフを見た」と伝えれば、全員に「パン処 響」のスタンプカードに500円分のスタンプを押印

531日(金)までに来店の方