女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「ベストコレクション」

2019年5月23日

特集「新緑の5月ベストコレクション」⑤
ルイスと不思議の時計(2018年 ファンタジー映画)

監督 イーライ・ロス

出演 ジャック・ブラック/ケイト・ブランシェット

シネマ365日 No.2853

私は不屈よ! 

特集「新緑の5月ベストコレクション」

 魔法使いのジョナサン(ジャック・ブラック)とフローレンス(ケイト・ブランシェット)は隣同士に住む魔法使い。どっちも過去に傷を持つが何食わぬ顔でタメ口を叩き合う。ジョナサンは両親を亡くした甥のルイスを屋敷に引き取った。ルイスは時計が無数にある古い家に着いた。大きな鳩時計からひょいとフローレンスが現れる。「鳩時計から出てきたのか、クソババア」。彼女、耳を貸さずルイスに「叔父さんのデカ頭が遺伝していなくてよかったわね」「クッキーくらい焼いて、たまには人助けをしたらどうだ」「お好みは? 喉につめるのか、砕いてパンツに入れるのか」「フローレンスは大学で博士号を取ったから、わしより賢いつもりなのだ」「本当に賢いからよ。ゴリラ男、ポーカーする気、あンの?」「待っていろ、カカシ女」テーブルを囲むと「それがポーカーフェイス? 人間の顔じゃないわね」「なんだと、イモ女」絶妙の掛け合いのオープニングです▼屋敷の主人は魔術師のアイザックだった。戦争で黒い森の悪魔に会い、時間を逆行させて地球の始源に戻り、そこには「自分と妻だけが生き残り人類は存在しない。人間がいなければ戦争もない」妄想で頭がいっぱいになり、時を遡らせる時計を屋敷のどこかに隠した。ルイスが間違って墓を暴いてアイザックを蘇生させたものだから、月食までに時計を見つけないと、アイザックは地球の時間を逆戻りさせてしまう。ジョナサンとフローレンスは力を合わせ、壁をぶち破り、家中の部屋を調べあげ、時計のありかを探していたのだった。主人公は少年ルイスだが、落ちぶれた魔術師ジョナサンとフローレンスのカムバックとしてみると面白い。アイザックとジョナサンは魔術師界のトップとしてコンビを組んでいたが、アイザックが邪悪の道に走りパートナー解消。今や世捨て人だ。フローレンスはパリで華やかに脚光を浴びていたが、夫と娘を亡くし失意のどん底。以来パワーを失った。魔術師になりたいというルイスに彼女は寂しそうに言う。「魔術は内面の力がないと使えないの」▼地獄からよみがえった天才魔術師対失活魔術師の対決は勝負にならない。コテンパにやっつけられる。しかし少年ルイスが魔術師見習いながら、知恵と工夫、そして亡き父と母の力を信じて立ち向かう姿を見て二人は奮い起つ。アイザックに抑え込まれたジョナサンがフローレンスに言う。「いいチャンスだぞ、フローレンス、君の小さな魔術を試してみろ」。アイザックはせせら笑い「ふん。お前は悲しみのあまり、大魔術が使えなくなっているのだ」キッと見返したフローレンス「そうよ、でも私は不屈よ!」。いうや、紫のアンブレラを一振り、強烈な閃光を発した。ケイトのファンタジーもの出演に悪口ばかり書いてきたが、久しぶりにカッコいい。魔術合戦展開のうちに、いよいよ時計が回りだし、時間が逆行。ジョナサンがヒゲ面の赤ん坊になった時は笑いころげる▼やがてアイザックは滅び地球は安泰、ジョナサンとフローレンスとルイスは友情に結ばれ一風変わった家族として出発する。ジョナサンとフローレンスはルイスにこんなアドバイスをした。「あなたは宇宙に一人しかいない」「100兆万分の1になれ。最後の1%はお前次第だ。自分の中にあるものに耳を澄ませろ」。いいセリフですね。