女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2019年6月24日

0円~!? お金をかけないエコ除湿。お手軽湿気対策

除湿器を買わなくても、エアコンをつけなくても、
エコな除湿方法があるんです!

 

ジメジメと湿度の高い季節。カビやダニ、害虫、体調不良などさまざまな悪影響を及ぼします。湿気を取り除くなら「除湿器」や「エアコン」を思い浮かべますが、購入には何万円もの出費が伴い、運転には電気代がかかります。除湿器は置くスペースの問題もあるでしょう。

 

そこで、安価で手軽、省エネかつ省スペースでできる除湿のアイデアをご紹介します。

半永久的に使える&再利用OKの超得除湿

 

・竹炭

炭の表面にある微細な穴が湿気や臭いを吸収してくれます。炭にもいろいろありますが、竹炭は木炭よりその穴が多く、物質の吸着力は備長炭の10倍ともいわれています。1㎏1,000円ちょっと~売られており、埃がかかったり効果がなくなったと感じた時は、晴れた日に水洗いをして天日干しすることで、何度も繰り返し使用できます。置く時はできるだけ重ならないように空気に触れる表面積が広くなるようにしましょう。竹カゴなどに入れるとインテリアにもなり、下駄箱などには布や不織布、紙の袋に入れるといいでしょう。立てて置くとスペースも少なくてすみます。

 

・重曹

お掃除や食用で知られる重曹は、除湿でも力を発揮! ただただ、小皿や小瓶などに入れて置いておくだけと超簡単! しかも、1㎏数百円で売られていてとても経済的です。湿度を下げるほか、消臭効果も期待できるので下駄箱にもおすすめです。かわいい瓶に入れてリボンをつけたり、エッセンシャルオイルを垂らして香りづけをしたり、オシャレに楽しむこともできます。ただし、重曹が空気と触れないと意味がないので、密閉せずカバーする際はガーゼなど通気性のあるものをかぶせて輪ゴムをしておくといいでしょう。湿気を吸って粉が固まったら交換時期ですが、だいたい3カ月、湿気の多い季節は1カ月が目安です。使い終わった古い重曹はお掃除などに再利用できるので、ムダがありません。

 

・粉洗剤

洗濯用の粉洗剤を容器に入れて置いておくだけで、湿気を吸ってくれます。石鹸の香りもいいですよね。固まってきたら交換時期です。除湿というお役目を果たした洗剤は、そのままお洗濯に使えます。だから、除湿に関しては実質0円!

 

・凍らせたペットボトル

ペットボトルに7分目くらい水を入れて凍らせて、受け皿やタオルを敷いて部屋に置いておきます。当然ペットボトルは結露がついてべちゃべちゃになりますが、これはもともとは空気中の水分! つまり、見えない湿度を見える水に変えて捨てることができるというわけです。暑い夏はちょっとひんやりした気分も味わえたりするかも!? もちろん、溶けたらまた冷凍庫へ。満タンいれて破裂させないようにすれば、繰り返し使えます。

あなたにオススメ