女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2019年8月2日

居眠り運転防止に!話題の睡眠カフェがサービスエリアに登場 ネスカフェ仮眠カフェ in宝塚北サービスエリア

NEXCO西日本の交通安全対策プロジェクト「DRIVE&LOVE」

居眠り運転防止に!話題の睡眠カフェがサービスエリアに登場 ネスカフェ仮眠カフェ in宝塚北サービスエリア

2019年前半は、交通事故がクローズアップされた時期でもありました。誰だって、いつ交通事故の被害者、そして加害者になってしまうかもわかりません。それに防ぎようのない事故の場合も…。でも少しでもリスクを減らせたら?

 

そんな発想で、つい先日こんなユニークなイベントが開催されました。その名も「ネスカフェ仮眠カフェ in宝塚北サービスエリア」。場所は新名神高速道路宝塚北SA。NEXCO西日本が取り組む新たな形の交通安全対策プロジェクト「DRIVE&LOVE」のひとつです。

オフィスで人気の睡眠カフェがSAに?!

居眠り運転防止に!話題の睡眠カフェがサービスエリアに登場 ネスカフェ仮眠カフェ in宝塚北サービスエリア

 

これはズバリ、「高速道路で疲れたドライバーのための睡眠カフェの試み」!「睡眠カフェ」とは、仕事の合間にちょこっとお昼寝できる新しいタイプのカフェのこと。ネスレ日本が、2019年3月より東京・大井町にオープンしています。

 

コーヒーでくつろぎリクライニングチェアで休む仮眠コース、カフェインレスコーヒーを飲んでベッドでお昼寝する睡眠コースとコーヒーの飲みわけで新しい睡眠スタイルを提案。忙しい現代人に人気を博しています。この睡眠カフェを、ドライバーのために再現したのが「ネスカフェ仮眠カフェ in宝塚北サービスエリア」なのです。

カフェインの作用を利用して仮眠&目覚めスッキリ

居眠り運転防止に!話題の睡眠カフェがサービスエリアに登場 ネスカフェ仮眠カフェ in宝塚北サービスエリア

 

SAの一角にテントやシェードが並びます。脇に設置されたテーブルで、まず脳波計測システムで自分の眠気を計測。そしてスマホで眠気の数値(!)を確認。仕事で疲れてるし、昼下がりで眠いし…スタッフに「大分お疲れですね」と優しい言葉をいただきました。そして出てきたのは一杯のコーヒー。でもこれから仮眠なのにカフェインの入ったコーヒー?

 

「意外と思われるでしょうが、私たちがご提案するコーヒーナップとは、15分ほどの仮眠の前にカフェインを含むコーヒーを飲んでいただくんです」

居眠り運転防止に!話題の睡眠カフェがサービスエリアに登場 ネスカフェ仮眠カフェ in宝塚北サービスエリア

よく聞くと、カフェインは体に効き出すまで30分かかるのだとか。つまりコーヒーを飲んで15分ほど仮眠して、カフェインの作用でシャキッと起きてスッキリ!という仕組み。コーヒーをゆっくり飲み、テントに設けられた超すわり心地のいいインファニティチェアでウトウト。短時間なのに目覚めは本当にスッキリ、快適でした!

居眠り防止で安全運転を!

今回は短期間のイベントでしたが、こんなカフェがサービスエリアにあればどんなに助かるでしょう!居眠り運転も減るのでは?今はまだ難しいけど、このノウハウを自分で生かすことはできますよね。運転中疲れたな、と思ったら、無理せずサービスエリアで一休み。コーヒーを飲んで15分眠り、カフェインでスッキリしゃっきり、運転再開。これいいですね。

 

これからのお出かけは、ぜひ安全運転を!

あなたにオススメ