女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2019年8月6日

お盆になぜお墓参りするの? いつするのが正解?

お盆の期間は風習は地域によって違う!?

 

お盆はご先祖様があの世から戻ってくる時期とされており、盆棚(ぼんだな)や精霊棚(しょうりょうだな)と呼ばれる祭壇を設けてご先祖様をお迎えします。「ということは、お盆にお墓参りするのは間違いなの?」そんな疑問を抱いた方もいらっしゃるかもしれませんね。そんなお盆のお墓参りについて、ご紹介したいと思います。

 

そもそも、「お盆」の期間や風習は地域によって異なります。一般的には813日を「盆の入り(迎え盆)」、16日を「盆の明け(送り盆)」としていますが、関東圏や静岡などでは713日~15日頃、沖縄県や南西諸島では820日前後をお盆とするようです。

本来、お盆のお墓参りは2回すべき!?

魂はあの世から直接自宅に帰ってくるのではなく、一度お墓に戻ってきます。そのため、13日の午前中にお墓参りをして、「準備ができているのでいつでもいらしてくださいね」とご先祖様をお迎えに行くのです。お盆初日の夕方には玄関先やお墓などで「迎え火」を焚き、それを目印にご先祖様が戻ってこられると言われています。お盆が明ける日には「送り火」を焚いて、ご先祖様をお送りします。

 

「あれ? 迎えに行ったのなら、送るためにもう一度墓参りをするべきでは?」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。確かに本来は送りと迎え、2回お墓参りをするのがいいのですが、その習慣は現在では消えつつあります。お盆の期間中毎日お墓参りをする方もおられますが、お盆のどこか1日、またはお盆に近い都合のつく日にお参りするのでも構いません。

 

お墓参りの正しい方法とは?

お墓参りの基本的なマナーは案外知らないものです。服装やお供え、持ち物、手順など、この機会に確認しておきませんか? こちらで詳しく説明しています。ぜひご参考になさってください。

あなたにオススメ