女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2019年12月1日

時代のテーマを反映した書籍だからできること
奈良県の企業の魅力を発信
2019年12月代表挨拶

時代のテーマを反映した書籍だからできること 奈良県の企業の魅力を発信

 

 新卒の採用は「売り手市場」が続く中、特に地方の中小企業にとって優秀な人材確保は年々困難になり、事業存続に影響する大きなテーマになっています。就職情報サイト等に掲載しても、なかなか応募が集まらず、またせっかく応募があっても選考や内定辞退が頻発するという状況が続いているのも実情です。学生の皆さんに企業理解を深めていただき、他の会社との差異化を図り、事業内容、企業風土に共感をもっていただく努力が採用する側にとって重要になっています。

 

 本社所在地が奈良県の当社にとっても若年層の人材確保は計画通りに進まないのが現状で、着実に業績を向上させている県内の優良企業の中にも一般的な知名度の低さから募集人員が集まらないという苦労話をよく聞きます。そんな声にお応えして、内定者の確保と内定辞退の防止に役立てていただこうと企業価値を高め、PR、広報に活用していただける書籍を東京の出版社と共同で企画して、来年3月に発売することになりました。

 

 書籍名は「こんな会社で働きたい」(奈良編)で、県内在住の学生さんはもちろん、進学を機に地元を離れて県外に出ている方々に「奈良県にはいい企業がある/仕事がある」「働いてみたい/住んでみたい」「奈良県の魅力向上」をしっかりお伝えすることを目指しています。3月には県内はじめ、大阪府下、首都圏の主要書店、大学生協で販売するほか、県内の大学キャリアセンターや専門学校、高等学校にも閲覧用として設置する予定です。

 

 本離れと言われて久しいですが、「習熟度」「信頼度」「保存性」が高い書籍は多くの読者の皆様に共感いただけ、書籍(紙)の可能性と役割がどんどん拡がることを証明したいと考えています。

 

 読者の皆様が日々の生活で感じる辛さや寂しさを笑顔に変え、クライアントの不満、不足、不安などの「不」の要素を「富」に変えていくというのが私達の使命です。今年1年間のご愛読、ご愛顧に感謝申し上げます。

 

2019年12月1日

あなたにオススメ