女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2019年12月6日

おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術 【カキの砂糖漬け】

身近なところで意外な発見!?

おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術

 

「ちょいまるさん」こと、NPO「地球と自然」理事長の中西崇雄さんに、ウーマンライフ本紙の「伊賀・名張版」で「おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術」を毎月連載いただいています。身近なものなのに意外な発見がいっぱい!生活に取り入れると、体の健康だけでなく心も豊かになりそうなノウハウが満載です。さて、今回はどんな発見があるのでしょう。ちょいまるさんに、野草や野菜などの役立つ活用術をご紹介いただきます。

「おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術」
ビタミンCたっぷりのカキ

葉が落ちて見つけやすくなる晩秋初冬のコゲラとカキノキ。

 

コゲラは日本一小さいキツツキ。らせん状に木登りをする。眺めているとたまにバックする。それもらせん状だ。

 

ビタミンCたっぷりのカキの実。落葉したあとは柿色の実が目立つ。栄養たくさん。カキの砂糖漬け!

 

小生の新生きもの図鑑巻頭に書いた漬け方。カキの実1に砂糖を7割(お好みで調整)

 

①ヘタと種を取り除く

 

②カキをミキサーするかカットする(皮の栄養もいただき)

 

③熱湯消毒した瓶に

 

④砂糖を入れる

 

⑤カキを入れる

 

⑥④と⑤を繰り返す。

 

約1、2週間、一日一回混ぜる。砂糖が溶けたらできあがり。液体はシロップとして水やサイダー焼酎で割って飲む。砂糖漬けになった実はスイーツに。ビタミンC以外の健康成分も豊富なので嬉しい(^^)

 

探したくなる「コゲラ」
いろんなおいしさを試したくなる「カキ」

 

ちょいまるさんのコラム、いかがでしたか? 

 

コゲラはスズメ大で、森だけでなく公園などでも見られるそう。戸がきしむようなギーという声やギーキッキッキッという声を耳にしたら探してみてはいかがでしょう。

 

カキは身近な果物ですが、「そのまま食べる」だけじゃなかったんですね。「砂糖漬け」にすれば美味しさのバリエーションも広がるなんてステキ。皆様も試してみられては?

あなたにオススメ