女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2020年1月1日

「おもしろおかしく/挑戦するウーマンライフ」を具現化
紙面と販促手法を進化させ読者と広告主に感動を提供できる一年に
2020年1月代表挨拶

代表挨拶

 

 令和2年が幕を開けました。新年明けましておめでとうございます。今年は人生2度目の東京五輪を迎えることになりました。1回目は1964年、昭和39年でした。新幹線が開通し、1億総中流時代とも呼ばれた高度経済成長の幕開けだったように思います。1010日の開会式では航空自衛隊「ブルーインパルス」の曲技飛行による上空に浮かび上がった五輪マークが目に焼き付き、NHK北出アナのテレビ実況「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような、素晴らしい秋日和でございます」は何度聞いても感動を覚えます。また五輪史上初めて通信衛星による世界同時中継が行われ、アメリカのNBC、イギリスのBBCでも放送されました。大きなスポーツイベントは科学や文化、生活に画期的な進化をもたらしてくれ、その感動が消費を刺激します。

 

 当社は1975年の創立以来、読者(生活者)が明るく、楽しく暮らしていくためのきっかけとなる情報を提供し、広告主には、販売促進のために社員が一丸となって知恵を絞ることに重点を置いてまいりました。私たちの仕事の要諦は、読者と広告主がもっている不の要素に対して、媒体発行社としてどんな提案ができるかということです。その結果として「不」を「富」「豊」に変えていくことが創業以来変わらない使命だと考えています。

 

 

 「女を楽しくする新聞 ウーマンライフ」は19976月の創刊以来、23年目を迎えました。今年は東大阪版、八尾版がこの1月に節目となる400号の発行を迎え、奈良中南和版は4月に創刊20周年を迎えます。これもひとえに読者並びに広告主、関係各位の皆様方のご支援、ご協力の賜物と感謝申し上げると共に、基本理念である「おもしろおかしく/挑戦するウーマンライフ」を念頭に読者と広告主のニーズにお応えできるように紙面と販促手法に磨きをかけて進化を目指してまいります。

 

 東京五輪での日本選手団の活躍と皆様にとって本年が健康に恵まれ、災害のない良き年となることをお祈りし、今年も変わらぬお引き立てをお願いいたします。

 

2020年1月1日

あなたにオススメ