女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2020年2月13日

お子さんの体調不良や集中力欠如、原因は「歪み」!? カイロプラクティック院さくら

カイロプラクティックで正しい姿勢に!

カイロプラクティック院さくら
山田院長

近年、集中力が欠如している子どもが増えていると言われています。「カイロプラクティック院さくら」(明石市小久保)の山田恵子院長は「姿勢が悪いのが原因です」とおっしゃいます。左右の肩の高さが違ったり、肩甲骨が突き出していたり、腰の高さが左右対称でないことなどが、頭痛や食欲不振、注意力散漫、集中力欠如を引き起こしているそう。「S字湾曲の崩れが、様々な身体的不調を誘発するのです。正しい姿勢を保つためには、カイロプラクティックが効果的です」と話す山田院長にお話を伺いました。

日常生活のクセの中に諸悪の根源アリ!

脚を組んで座る、いつも同じ手で荷物を持つ、どちらか片方に体重をかけて立つ…日常を振り返ってみると、心当たりがある方も多いのではないですか? では、お子さんはどうでしょう? わが子の姿勢を思い浮かべた時、該当している項目はないですか?「こうした日常生活のちょっとしたクセが、姿勢を悪くする原因になっているんです」と山田院長。

 

また、家庭用ゲーム機やスマートフォンの普及で、長時間同じ姿勢のままでいることも要因の1つに挙げられるといいます。「最近よく耳にするようになったスマホ首(ストレートネック)についても、パソコンを使ったり、スマホでゲームをしたりで、何時間も同じ姿勢を続けているから起きる症状なんです。腰を屈めて作業するお百姓さんが、途中で背中を大きく反らしていますよね。それは無意識の行為でしょうが、実は理にかなっているんですよ」と、〝ストレッチ〟を高く評価されています。

 

子どもの健やかな成長のためには、大人の意識改革が重要!

カイロプラクティック院さくら

では、悪い姿勢が引き起こす〝負のスパイラル〟から抜け出すには、どうすれば良いのでしょう?

 

「大事なのは、骨盤のゆがみを矯正すること。骨盤がずれたまま放置していると、『これで正しい』と体が記憶してしまうんです。その上、骨盤周辺の筋肉もずれてしまうので、骨盤を正しい位置に戻して、それを維持させることが重要です。ただし、ゆがみ自体を治すことはさほど難しくないのですが、せっかく治しても、以前と同じ生活習慣を続ければ、また元に戻ってしまいます。ご自身はもちろん、子どもたちに常に正しい姿勢を意識させるのも、大人の役割でしょう」

 

特に、成長ホルモンや修復ホルモンが最も分泌される午後10時から午前2時に、子どもたちが正しい睡眠を取れるように環境を整えることが大切だとおっしゃいます。

 

「そのためには、大人たちの〝意識改革〟が大切になってきます。子どもたちに『早く寝なさい』と言いながら、大人たちは遅くまで起きている。そのため、部屋が暗くならず、子どもたちの熟睡が妨げられます。結果、成長を阻害してしまうことにつながるのです。食事にしても出来合いの物だったり、ジャンクフードやスナック菓子などばかり食べていてはカルシウムが不足して、骨の成長にも悪影響を与えます」

 

子どもたちを健康に成長させるのが、親の務め。わが子の姿勢が悪いと感じたら、生活習慣を見直すとともに、ゆがんでしまった骨盤も矯正してあげなければなりません。

 

「骨盤矯正の施術はもちろん、施術後にその姿勢をどうやって維持していくかについてもアドバイスさせていただきます。お気軽にご相談ください」と山田院長。優秀A級カイロプラクターの称号に加えて看護師、健康管理士一級指導員の資格も持っておられるので、「何でも相談できて頼りになる!」と多くの方が信頼を寄せています。料金は小・中学生が1,500円(45分)、高校生が2,000円(同)。もちろん、一般の方もOK。全身骨格矯正と健康アドバイスが初回限定で90分7,000円です。まずはお電話でご予約ください。

あなたにオススメ