女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2020年2月14日

今年は、いかなごのくぎ煮味! 兵庫の味のポテトチップスが近畿2府4県で2月17日(月)から発売!! カルビー

今年は、いかなごのくぎ煮味! 兵庫の味のポテトチップスが近畿2府4県で2月17日(月)から発売!! カルビー

1月某日、ウーマンライフ新聞社神戸支局に1通のファクスが届きました。「兵庫の味『ポテトチップス いかなごのくぎ煮味』発売!」何とも魅力的なフレーズじゃありませんか。兵庫県民歴=年齢の記者としては、県民のソウルフードがスナック菓子になったとなると、何はさておき食べてみたい。ただ、どうやってネタにするの? 支局長に尋ねたところ、「ウーマンライフWeb版用の記事が書けるなら行っていいよ」とのこと。めでたく了解を取り付けたので即座に商品贈呈式の取材ができるように手配し、ワクワクしながら〝その日〟を待ちました。

 

取材当日、会場となった兵庫県庁には全国紙、地元紙、タウン誌にテレビカメラも詰めかけ、 関心の高さをうかがわせました。ほどなく、カルビー西日本営業本部の石辺秀規本部長ら関係者が姿を見せ、説明会が始まりました。

 

石辺本部長によると、地域の食文化を応援しようとカルビーが立ち上げた「♥JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトの一環として、各地方自治体と共同開発した「ご当地ポテトチップス」を期間限定で販売するもので、今年で3年目。兵庫では一昨年がぼっかけ味、昨年は加古川かつめし味を製造、販売してきました。

完成まで3年、試作30回…苦労に苦労を重ねて、ついに実現!

中でも「いかなごのくぎ煮味」はカルビーの〝悲願〟だったようで、「毎年、地元の方からたくさんのリクエストが届いていたのですが、最近はいかなごの漁獲量が減っているために原料の確保が難しくて…。今年度になって、ようやく手配できるようになり、発売が実現しました」と、内情を明かしてくれました。

 

いかなごのくぎ煮は、いかなごの稚魚である新子(しんこ)を醤油と砂糖で甘辛く煮たもので、神戸から淡路島まで、瀬戸内海沿岸の郷土料理として親しまれています。その味をポテトチップスで忠実に再現するため、カルビーは兵庫県産のいかなごだけを使った本物のくぎ煮を、そのままパウダー状に。そこへ、アクセントとして生姜の味を強く効かせたそうです。完成まで3年、試作回数約30回は「通常は10回前後で、47都道府県で最も多かった」(石辺本部長)とのこと。「醤油、砂糖、生姜のバランスに苦労しましたが、地元の皆さんに納得いただける味に仕上がりました」と自信をのぞかせるほどですから、まさに満を持しての登場といえるでしょう。

味はまさしく『いかなごのくぎ煮』! 生姜もパンチが効いてます!

説明はさておき、気になるお味をチェックしないと始まりません。期待に胸をふくらませ、試食コーナーへと向かいました。

 

まずは、ポテトチップを手に取って香りをチェック。生姜と磯の香りがフワ〜ッと鼻腔をくすぐり、食欲を刺激してきます。口に入れると、食感こそ違え、味はまさにいかなごのくぎ煮そのもの。毎年、春になると母が煮てくれるくぎ煮を食べている記者が、ハッキリと「くぎ煮や!」と感じるのですから、味の方は保証できます。ただ、正直言ってどこか物足りない気も…。

 

理由を確かめるため(リポートしなきゃいけませんから)何度となく手を伸ばしていると、気がつけば半袋近くが消えていました。この会社のロングセラー商品「かっぱえびせん」のキャッチコピーそのままに『やめられない、とまらない♪』状態で、試食といえる分量ではありません…。でも、これこそがカルビーの狙いだったのです!

物足りない感じこそ、カルビーの狙い! 「1袋食べ切ってもらいたいんです!」

今年は、いかなごのくぎ煮味! 兵庫の味のポテトチップスが近畿2府4県で2月17日(月)から発売!! カルビー
「カルビーポテトチップス いかなごのくぎ煮味」商品贈呈式に出席した兵庫県農政環境部の寺尾俊弘部長(写真中央左)と、石辺秀規・カルビー西日本営業本部長(中央右)。いかなごのゆるキャラ「新子ちゃん」「新平くん」(左から)に、兵庫県のマスコット「はばタン」(右端)もうれしそうです

スタッフは「一口目で『めっちゃおいしい!』となると、途中で味に飽きてしまって、1袋食べ切れないんです。なので、あえて味を控えめにして、たくさん食べていただけるようにしています」と種明かし。見る間に減っていくポテトチップスに、満足そうな視線を送っていました。

 

石辺本部長も試食会の感触に手応えを感じたようで、「ポテトチップスは子どもから大人まで手軽に手に取ってもらえる食べ物なので、これを機に地域にもっと関心を持ってもらいたいですね」と、笑顔で締めくくっていました。

 

「ポテトチップス いかなごのくぎ煮味」は、217日(月)から近畿24県のスーパーやコンビニエンスストアなどで随時販売されます。ちなみに、本社がある奈良県の今年の味は「きなこ雑煮味」だそう。こちらも一度、トライしないと!

あなたにオススメ