女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「煌びやかな墓場」

2020年5月14日

特集「煌びやかな墓場」⑥ 
嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー6世 第2部(2017年 事実に基づく映画)

監督 ドミニク・クック

出演 トム・スターリッジ/ソフィー・オコーネド/ベネディクト・カンバーバッチ

シネマ365日 No.3205

神に呪われた男 

特集「煌びやかな墓場」

寝返りと謀略、暗殺と奸計の第2部。薔薇戦争(14551485)始まる。赤バラのランカスター家と白バラのヨーク家が王位継承をめぐる戦争です。ヘンリー6世(トム・スターリッジ)はヨーク公に脅され次の王位はランカスター家に譲ると聞いて、王妃マーガレット(ソフィー・オコーネド)は怒り爆発。それじゃ私の息子は王になれないじゃないの。弱腰の王に愛想を尽かしヨーク公と戦争を決める。マーガレットが勝ち、敗軍の将ヨーク公をなぶりものにする。馬糞の上に跪かせるとか、根っからのサドで、女性闘士であっても武士の情けというものがあっていいはず。ヨーク家の3兄弟は復讐を誓う。殺し、殺され、の連続です。行方不明になったヘンリー6世を無視して、長男エドワードが王位に就く▼功あったウォリック卿が摂政となる。でも彼は貧乏くじを引く。英仏二国を婚姻によって安泰させようと渡仏。仏王の妹とエドワードを結婚させようとした。マーガレットと息子は仏王の保護を受けている。話はトントン拍子でまとまったがそこへイングランドから急使。英王は領地の返還を求めに来た未亡人エリザベスに一目惚れ、結婚したというのだ。二階に上がってハシゴを外されたウォリック、侮辱も甚だしいと仏王。ウォリックはマーガレットと組んでヘンリー6世を復位させると誓う。結婚に反対だった次男ジョージは兄を見限りウォリック卿の味方となるが、リチャードの説得で兄の元に戻る。ヨーク家の3兄弟って、長男は国と国で決めた婚姻を反故、あっけなく決心を翻す次男。あいつらが王の器なんてとんでもない…三男リチャード(ベネディクト・カンバーバッチ)だけが虎視眈々と王冠を狙っています▼ヘンリー6世は一時復位するが引退を表明。マーガレット・ウォリック軍は負けウォリックは戦死、マーガレットは幽閉。エドワードとエリザベスの間に王子も生まれた。幸福そうな兄一家を見ながらリチャードがつぶやく。「好色な兄。誓い破りのジョージ。俺は間もなく王となる。エドワードが精魂尽き果て、骨の髄まで朽ち果ててしまえばいい。王国を夢見る以外に何の楽しみがある。愛の女神には母親の子宮にいた時に縁を切られた。神は俺の腕を枯れ枝のよういネジ曲げ、背中にコブを作った。変形した背中が体じゅうをあざ笑う。両脚の長さも違う。全身ちぐはぐで俺の肉体は混沌のかたまりだ。この体で愛される? 期待するだけでもバチ当たりだ。だから王冠を夢見ることだけが俺の生きがいなのだ」▼史上言われる彼の残忍性がすでに表れる。ロンドン塔に直行し、ヘンリー6世を暗殺。抵抗もしないおとなしい男を滅多刺しにする。リチャード曰く「天がこの体を与え、心がねじれてしまったのも仕方がない。俺に兄弟などいない。愛なんて言葉は、年寄りは好きだが、似た者同士で交わすものだ。そこに俺は含まれていない。俺は孤独な存在だ」彼は生まれたばかりの王子を抱き上げ、やさしくキスし「王子よ。父と叔父たちが戦いで守り抜いたからこそ、お前は王冠を継承できる。本音を言えば、裏切り者のユダもキリストにキスした。万歳を叫びながら、腹の中では(くたばれ)と毒づいて」。上目遣いで空を見るカンバーバッチの不気味な目。「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」といい、「ドクター・ストレンジ」の外科医といい、この人「天才」をやらせると板につくのですね。2012年8月、発掘されたリチャード3世の遺骨のDNA鑑定により、カンバーバッチはリチャード3世の血縁者とわかりました。神に呪われた男は王位継承争いにどう打って出たか。いよいよ「嘆きのクラウン」最終章です。

 

あなたにオススメ