女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

おいしいランチ

2020年6月26日

「食事は元氣の源」
三重県伊賀市 伊賀の元氣食堂

「食事は元氣の源」三重県伊賀市 伊賀の元氣食堂
窓には伊賀の画家のイラスト

 

 昨年末、伊賀市上野銀座通りにオープンした「伊賀の元氣食堂」。地元の食材を使い、野菜を中心としたメニューは、小さな子どもからお年寄りまで「体と心にしみる味」と評判です。

「まごわやさしい」が基本

「食事は元氣の源」三重県伊賀市 伊賀の元氣食堂
「ミネラルが30種類含まれるこだわりの水を使用しています」と倉坂店長

 

 食材の頭文字を覚えやすく語呂合わせし、バランスの良い和食の合言葉として知られる「まごわやさしい」。「ま」=豆、「ご」=ゴマやナッツ、「わ」=わかめなどの海藻類、「や」=野菜、「さ」=魚などのたんぱく質、「し」=しいたけなどのキノコ類、「い」=芋をまんべんなく取り入れることで、健康的な食生活が送れるといわれています。  一人で店を切り盛りする店長の倉坂惠美子さんは「『まごわやさしい』を基に、野菜たっぷりの料理を心掛けています。店では『い』は、いちご(果物)としてお出ししています。お客様から『あったかい味したわ』と言われると、うれしいですね」と笑顔を見せます。

 

 

 おススメは、ほぼ日替わりの「元氣ランチ」(デザート付き1300円)。雑穀入りご飯に汁物・サラダ・メイン料理に、旬の野菜料理が数品とデザートがついたボリュームたっぷりのランチです。ご両親が育てている野菜をふんだんに使い、味噌やドレッシングなども自家製で手作りなのだそう。「料理を作ることが大好きです。私が作る料理で、季節感を感じてもらえれば」と倉坂店長。ゴロゴロ野菜がたっぷりの「伊賀肉・金谷のすじ肉カレー」(サラダ・デザート付き1000円)のほか、裏メニューも好評です。  白を基調とした明るい店内にはテーブル席とカウンターが20席。ベビーチェアやオムツ替え用ベッドも完備されており、小さなお子様連れでも安心です。幼児には食後のフォークとスプーンの持ち帰りサービスも。雑貨などの販売コーナーでは、地元作家の布マスクが人気。いたるところに優しさはあふれているお店です。

季節感をちりばめて

「食事は元氣の源」三重県伊賀市 伊賀の元氣食堂
旬の食材を使った「元氣ランチ」

 

 取材をした日のメニューは、「三角餃子」「菜の花の胡麻和え」「紫キャベツ・ケールときのこのオイスターソース炒め」「新玉ねぎとわかめのスープ」「黒米ご飯」に、「イチゴミルクの寒天」。オイスター炒めには「フキノトウ」を、餃子には「ハコベ」もさりげなく刻み入れているそうで、ほんのり季節の香りがしました。

 

 

 倉坂さんは「食材も人もそれぞれが元々持っている『氣』(パワー)を生かせる場になればと、お店の名前にしました。旬の食材を生かすためシンプルな味付けにし、それを食べたお客様が『おいしい』と笑顔になってくださるのがうれしいですね」と目を細めます。

コラボしたい方募集中

店で使うコースターや座布団は地元作家の手作り 

 

 「ご飯を食べるだけでなく、いろんな方との出会いが楽しいです。さまざまな交流をする場として輪を広げたい」と、食事+αのコラボイベントも企画する倉坂店長。「楽しく健康~心と体と食~」と題して講師を招き、自分の体の癖を知り強みや長所を見直す「体癖心理学」や、健康な姿勢になるためのエクセサイズ「忍・忍ボディ講座」などを実施しています。今後の日程などの詳細は、お問い合わせを!  また「一緒に楽しいことしませんか?」とコラボ企画も募っているそうです。

プレゼント

ウーマンライフを見たと言って

7月1日(水)までに予約された方全員に

食後のコーヒーまたは紅茶1杯サービス

 

7月29日(水)来店まで有効    

あなたにオススメ