女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2020年6月26日

おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術
【初夏の野山は宝石いっぱい】

身近なところで意外な発見!?

おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術

 「ちょいまるさん」こと、NPO「地球と自然」理事長の中西崇雄さんに、ウーマンライフ本紙の「伊賀・名張版」で「おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術」を毎月連載いただいています。身近なものなのに意外な発見がいっぱい! 生活に取り入れると、体の健康だけでなく心も豊かになりそうなノウハウが満載です。

 

 さて、今回はどんな発見があるのでしょう。ちょいまるさんに、野草や野菜などの役立つ活用術をご紹介いただきます。

初夏の野山は宝石いっぱい

おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術
イラスト:Saki

 

 朝4時前、「ヒロロロロ、キュロロロロ」。森の赤い宝石といわれる野鳥、アカショウビンだ。
 

 初夏の野山の宝石たち。まずはクサイチゴ。6月頃のオレンジ色の実は甘酸っぱくておいしい。藪イチゴともいう。西洋藪イチゴはブラックベリー。欧米で昔から夏に野生の実を採って食べていたブルーベリー(スノキ属)。日本の野山ではシャシャンボという木が同じ仲間。こちらは秋に実る。

 

 ビタミンA・C・Eと食物繊維など栄養豊富。生食、30~60%の砂糖でシロップ漬け、砂糖と煮込んでジャム、どれも楽しい。

 

 忍菓ちょいまるでは地元栽培種のベリーを活用。
 吉野の本葛(くず)で作った無添加アイスに新しく青蓮寺産イチゴを使ったイチゴみるく、南山城村産ブルーベリーを使ったブルベリー味も登場しました。

甘酸っぱいおいしさ

 

 ちょいまるさんのコラムはいかがでしたか? 

 

 ベリーの甘酸っぱさは食欲が落ちる暑い季節もパクパクいけますよね。ケーキにしてもいいし、ジャムをヨーグルトに混ぜてもいいし、冷凍してそのままパクッというのも…食いしん坊の血が騒いでついつい想像が膨らみます。皆さんはどんな食べ方がお好みですか?

あなたにオススメ