女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

おいしいランチ

2020年6月28日

待ちに待った食事会に30名の読者が参加
伝統の味と新たな表現を堪能
心に沁みわたった北新地「湯木新店」の会席料理

待ちに待った食事会に30名の読者が参加

 3月より自粛を続けていたウーマンライフ新聞社主催の食事会が再開され、6月22・24・25日の3日間、大阪北新地の日本料理 湯木新店に30名の読者が集いました。

 

待ちに待った食事会に30名の読者が参加

 かの吉兆の創始者である湯木貞一氏を祖父に持つ湯木尚二氏が営む名店だけに「技ありの店でしょう。万障繰り合わせて来たのよ。楽しみ」の期待の声とともに、生活圏から久々の外出に参加者は心を弾ませているようでした。

 

待ちに待った食事会に30名の読者が参加

 着席するのも距離をとり、会話も控えめにを心掛けた食事会ではありましたが、前菜盛り・造り・焼き物・揚げ物・鱧鍋・御飯物・デザートまで、心を尽くされた伝統の味と新な表現の料理に「やっぱり来て良かった」「私たち、夫婦の記念日だったけどそれにふさわしい料理でしたよ」など満足度は上々でした。

 

待ちに待った食事会に30名の読者が参加

 今後、社会動向に照らしながら食事会催行を探っていきたいと思います。ご参加いただきありがとうございました。

あなたにオススメ