女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「ベストコレクション」

2020年7月28日

特集「真夏の夜は7月のベストコレクション」⑦ 
グッドライアー 偽りのゲーム(下)(2020年 ミステリー映画)

監督 ビル・コンドン

出演 ヘレン・ミレン/イアン・マッケラン

シネマ365日 No.3275

映画作りの豊かな土壌 

特集「真夏の夜は7月のベストコレクション」

ベティとロイはそれぞれ全財産を共同口座に振り込む。二人だけがアクセスできる暗証番号は6桁で「Lilies」(百合)。ベティの部屋に百合の絵がかけてあったからだ。ロイは息子がロンドンに来るので一緒に過ごしたいと、そそくさとベティの家を出て行く。自分の家に戻り、早速ベティのお金を盗もうとするがバックに入れたはずのタブレットがない。忘れたのか。ロイは再びベティの家にとって返す。真っ暗だ。どのドアを開けても家具がない。空っぽだ。奥の部屋にベティが座っていた。「息子の飛行機が遅れて」そういいかけると、ベティは手にしたタブレットのキーをポン。「嘘をつくたびに5万ポンド共同口座から引き出し、別口座に移す」そしてもう一つのタブレットを見せ「これを探しているのでしょう」▼混乱するロイにベティは百合の絵を指す。よみがえる記憶。1943年のベルリン。少年だったロイ(ハンス)は英語を教えにセレブのお嬢さん、リリーの家庭教師をしていた。早めに到着したハンスはリリーの姉に言われるままダンスをすることに。ハンスがキスすると姉は怒り、ハンスは靴で彼女のドレスと踏みつけ破く。ベティのナレーションが続く。「屈辱を癒すためあなたは私をレイプした。私は小柄だし姉たちより扱いやすい。あっという間だった。二日後父は逮捕された。裏切り者だという密告があった。裁判で絞首刑になり母は自殺。姉妹4人が残り、姉3人はキッチンで料理中爆撃を受け死んだ。2週間後ヒトラーが自殺した。ソ連兵がやってきた。生き延びるため私は同じことを繰り返し堕ちていく。神と自分と死者と悪魔で秘密の共有し、巧みな嘘つきになった」▼「そしてあなたを調べ上げた。スティーヴンは孫の友だちの有能な調査員よ。あなたの犯罪歴はすぐわかった。私はあなたがカモにするウブな老女として現れた」「私がハンスだという証拠はあるのか」「ベルリンで生家に行ったの。今は子供の慈善施設になっていた。あなたの髪をいれたロケットを床に隠した。それを持ち出してきたの。今の髪はもう手に入れたわ(ロイの髪を散発してやったことがある)。60年、私はあなたに閉じ込められていた。あなたに向き合うことが私の解放なのよ」。ハンス、いやロイは「君を本当に愛していた」とすがるが、ベティが背中を向けたとたん襲いかかる。ベティの合図で彼に騙された投資家と、協力金をもらえなかった詐欺仲間が遅いかかり殴る、蹴る。ヴィンセントが病院に車椅子のロイを見舞った。「耳は聞こえますが、口はきけません」と看護師。リリーは広大な屋敷で家族、友人、孫たちに囲まれ、晴れ晴れとホームパーティーを開いていた▼世間知らずのセレブの未亡人から一変。復讐を果たす厳しい女に成り代わったヘレン・ミレン。一点一画をおろそかにせず演じあげています。三白眼が冴えわたる。三白眼あるいはキツネ目の大女優3人として、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ケイト・ブランシェットをあげます。オードリー・ヘプバーンのような黒い美しい瞳では表しきれない暗い、物憂げかつ腹の中を見せない視線。ヘレン・ミレンの目だけでもはまる映画です。イアン・マッケランもよかったですよ。車椅子の登場なんか、絶品でした。74歳のヘレン・ミレンと80歳のイアン・マッケランに主演させる映画って、それが作れるリテラシーのある土壌って、やっぱり豊かだと思います。

 

あなたにオススメ