女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2020年7月31日

おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術
【夏においしいトリプルハート】

身近なところで意外な発見!?

おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術

 「ちょいまるさん」こと、NPO「地球と自然」理事長の中西崇雄さんに、ウーマンライフ本紙の「伊賀・名張版」で「おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術」を毎月連載いただいています。身近なものなのに意外な発見がいっぱい! 生活に取り入れると、体の健康だけでなく心も豊かになりそうなノウハウが満載です。

 

 さて、今回はどんな発見があるのでしょう。ちょいまるさんに、野草や野菜などの役立つ活用術をご紹介いただきます。

夏においしいトリプルハート

イラスト:Saki

 

 先日、野生の子ギツネさんに出会いました。こちらを向き「おすわり」や「ふせ」をしてくれました。自然界は優しいひと時をプレゼントしてくれます。

 

 暑い日に涼しげな黄色い花。カタバミ。葉はトリプルハート。
 3枚一組のハート形で夜になると折りたたんで眠る。
 サラダに酸味と彩りをトッピング。
 ①葉や花を洗う

 ②塩でゆでる(約30秒)

 ③水にさらす

 ④サラダにのせる。
 味噌汁の具にも。
 カタバミは食べすぎると良くないがサラダや汁の実として食べるには豊富なビタミンCとさわやかな酸味で夏にぴったり。

 

 ちょいまるのホームページcyoimaru.comに子ギツネさんの写真など見られるコーナーを開設!

名前の由来もおもしろい

 

 ちょいまるさんのコラムはいかがでしたか? 

 

 「カタバミ」は、漢字では「酢漿草」「片喰」と書くようで、ハート型の葉っぱが並ぶかわいい姿とはイメージがちょっと違いますね。地方によってさまざまな名前で呼ばれているそうで、その中の「スイモグサ」というのは、葉や茎に酸味があることから名付けられたそうです。ちょいまるさんのお話にもあった、「葉を折りたたんで眠る」様子は、「葉が半分食べられているように見える」ことから「片喰」という名前が付いたとの説があるとのこと。名前の由来も面白いですね。

あなたにオススメ