女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2020年9月26日

奈良最古の醤油蔵に泊まる
贅沢で緩やかな時間を…

築130年の醤油蔵が田原本町初の宿泊施設に

奈良最古の醤油蔵に泊まる、贅沢で緩やかな時間を…

 

 奈良盆地の中央に位置し「大和のおへそ」ともいわれる、奈良県・田原本町。ここは「日本のはじまり」の地である大和の魅力が凝縮している土地でもあります。その地に、1689(元禄2)年に創業したのがマルト醤油醸造所であり、奈良最古の醤油蔵元です。地元産原材料と天然醸造にこわだって丁寧に作られた風味豊かなお醤油は皇室御用達でもありましたが、原材料の確保が難しくなり17代目・木村藤平氏により閉業。それから70年経た今、孫にあたる18代目当主・木村浩幸氏が醤油づくりの復活を果たし、さらには8月29日(土)には、田原本町初の宿泊施設となる「NIPPONIA田原本 マルト醤油」を開業しました。

70年ぶりに復活した醤油を地元産食材とともに…

奈良最古の醤油蔵に泊まる、贅沢で緩やかな時間を…

 

 築年数は約130~140年屋敷は“大和棟”と呼ばれる奈良伝統建築様式で、蔵には古文書や醸造場、居住棟、道具類が当時のまま残されています。当時この蔵に住み込みで働いていた蔵人たちの生活を至るところで感じられる歴史ある蔵を一部、宿泊棟として改修されました。

 

 客室は全7室。かつての醤油蔵元の使われ方に着想を得た家具や装飾を施し、古文書が保管されていた部屋は「府庫」、原材料を貯蔵していた蔵は「糀」「碓」など、醤油づくりや蔵の歴史にちなんだ部屋名がつけられています。

 

 丁寧に手入れされた庭には、七福神の飾り瓦や春日灯篭、330年間祈りをささげてきた社など、ずっと変わららない景色が…。時の流れがとてもゆっくりに感じられることでしょう。

 

奈良最古の醤油蔵に泊まる、贅沢で緩やかな時間を…

 

 お食事はこの美しい庭を眺めながら、当時最上の客様をお迎えしていた特別な奥の間で、田原本産を中心とした大豆と小麦を原料とし伝統の製法にて丁寧に作られたマルトのお醤油と地域の食材を使ったメニューをいただけます。その他、醤油の搾り体験ができるプログラムや醤油をつかったお料理を楽しめるレストランも併設。周辺の畑では大豆や小麦などの醤油の原材料が育っているところも見られ、季節によっては収穫に参加もできるそう。

 

奈良最古の醤油蔵に泊まる、贅沢で緩やかな時間を…

まるでタイムスリップ…
大和の魅力を満喫!

18代目当主 木村浩幸さん

 

 「このお宿に泊まっていただく体験を通して、当時作業をしていた蔵人が寝泊まりしていた場所であったり、地域の食材を使った食事を召し上がっていただけたりと、当時の醤油蔵の生活や地域の魅力を感じていただけるようになっています」と木村当主。

 

 周辺には日本最古とされる大神神社の別宮・村尾神社や、2200年前にあった弥生時代の環濠集落である国史跡唐古・鍵遺跡、邪馬台国説がある纏向遺跡もあり、三輪山や二上山などの原風景と共に、大和の魅力と歴史をじっくり感じられます。タイムスリップした気分でゆったり過ごしたい方にお勧めの宿泊施設だといえるでしょう。

奈良最古の醤油蔵に泊まる、贅沢で緩やかな時間を… 奈良最古の醤油蔵に泊まる、贅沢で緩やかな時間を… 奈良最古の醤油蔵に泊まる、贅沢で緩やかな時間を… 奈良最古の醤油蔵に泊まる、贅沢で緩やかな時間を… 奈良最古の醤油蔵に泊まる、贅沢で緩やかな時間を…
あなたにオススメ