女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

介護のささやき

2020年12月8日

何かをはじめたくなる、希望あふれるセカンドライフ
「ライフ・イン京都」

目指すは、明るく、楽しく、健康長寿!

何かをはじめたくなる、希望あふれるセカンドライフ 「ライフ・イン京都」

 

 「老人ホーム」と聞くと、「介護を必要とする時に困らないように」入る場所だとお考えの方も多いでしょう。しかし、「入居してから何をはじめよう?」とワクワクできる施設があるのです。それが、「ライフ・イン京都」。ホーム長の青山薫さんにお話を伺いました。

 

自立支援で、シニアに明るい未来を!

 

 京都市内を一望する高台にある「ライフ・イン京都」。竹林の緑や花々に囲まれ京の四季を感じられる好環境でありながら、交通の便の良さも魅力です。

 

 有名建築家・若林広幸さんが手掛けた芸術的外観が目を引きますが、これは「住まう方にとってさらなる飛翔・飛躍の場になるように」との思いを込めて、上空から本館を見た時に翼を広げた鳥をイメージしたシルエットになっているそう。

 

 「高齢者の未来を考えて創業され、以来34年間、自立支援を信念に『元気な人が自由に生活できる場』を目指してきました。実際、75歳ではじめ86歳の今もスキューバーダイビングを楽しまれたり、90歳超でヘルマンハープに挑戦されたり…。『入居したから将来も安心、だから今を思い切り楽しめる!』と未来に目を向けた前向きな方が多いです」

 

 

 

 居室はキッチン・バス・トイレ完備の個室で、すべてテラス付き。レストランや大浴場・シアタールームなどもありホテル級の充実ぶりです。さまざまなサークルやクラブもあり、プライベートな空間を確保しながら交流の場や機会も豊富、そんな落ち着きと賑わいが共存しています。

 

「ビューテラスからは京都タワーや五山の送り火など京都の街並みが一望できますよ」

 

病院と同一法人
ケアセンターも併設

何かをはじめたくなる、希望あふれるセカンドライフ 「ライフ・イン京都」

 

 あまりにもオシャレで自由で開放的なせいで一瞬忘れそうになりますが、ここはあくまで「介護付有料老人ホーム」。社会福祉法人京都社会事業財団運営、同一法人の京都桂病院や館内の診療所、地元の歯科医院とも密に提携。介護が必要になった場合、本館で介護を受けたり、ケアセンターへ住み替えも可能…と、医療面も介護面も充実したサポートが用意されているのはさすがです。普通のマンションや自宅にはない安心感が、「自由に楽しむ」余裕を生み出しているのでしょう。

 

介護予防に尽力
自立を徹底支援

何かをはじめたくなる、希望あふれるセカンドライフ 「ライフ・イン京都」
アスレチックルームで筋力低下を阻止!

 

 「実は創業当時から30年以上ここで暮らし続けている方も多いんですよ。住み心地の良さに加え、介護予防対策も充実しています。筋力低下を防ぐためのアスレチックルームもありますし、理学療法士や園芸療法士など専門的な資格を持ったスタッフも多いんです」

 

 京都大学とも協力しながら、「健康長寿計画」に約20年間取り組みを続けており、いつまでも元気で自分らしく自由に人生を謳歌できる生活をとことんサポートしています。

 

 元気に楽しむために元気なうちに入居―それがここのスタンダード。人生100年、これから何に挑戦したいですか?

 

何かをはじめたくなる、希望あふれるセカンドライフ 「ライフ・イン京都」 何かをはじめたくなる、希望あふれるセカンドライフ 「ライフ・イン京都」 何かをはじめたくなる、希望あふれるセカンドライフ 「ライフ・イン京都」 何かをはじめたくなる、希望あふれるセカンドライフ 「ライフ・イン京都」 何かをはじめたくなる、希望あふれるセカンドライフ 「ライフ・イン京都」
あなたにオススメ