女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2021年1月9日

ウーマンライフ特別企画
スペシャルトークセッション Vol.1

町行政、高齢者福祉、子育て支援の連携で
期待が高まる地域活性化

ウーマンライフ特別企画 Special talk session
2021年夏、田原本町にオープン予定の「ベルライフ田原本」のイメージパース

 奈良県内で介護付有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスなど高齢者福祉事業を展開するベルライフグループ。田原本町に2021年夏「ベルライフ田原本」が誕生します。

 

 そんなベルライフグループの代表取締役である大木良則さんと、森章浩・田原本町長、田原本町をはじめ奈良県内で複数の地域子育て支援拠点事業を運営されている、子育てすこやかサークルの理事長・峪口蔵人さんによるトークセッションが実現。

 

 行政と民間の視点から高齢者福祉と子育て支援の今後について、貴重な意見交換の様子を2回に分けてご紹介します。

 

田原本の高齢者福祉の拠点を目指して
2021年夏「ベルライフ田原本」オープン予定

ウーマンライフ特別企画 Special talk session
(左から)
日本ベルアージュ 大木社長
田原本町 森町長
子育てすこやかサークル 峪口理事長

 大木社長:ベルライフ田原本ではホームに設ける研修センターで、職員の研修会や勉強会はもちろん、地域の方も一緒に介護を学べる場にしたいです。さらに、敷地内にリハビリテーション設備と、家庭菜園に取り組めるスペースを設置予定です。

 

 森町長:敷地内に家庭菜園やリハビリスペースを設けるというのは珍しいのでは?

 

 大木社長:ホームの入居者様は「外の空気を吸いたい」と希望される方が多いです。だから敷地内に外の空気が吸えるリハビリスペースを設けることにしました。

 

 峪口理事長:リハビリセンターや養護学校などがあるエリアに開業されるのですね? それは、異なる世代や立場の方と交流を図ることを見越してのことですか?

 

 大木社長:はい。ホーム内に作る多目的ホールを開放して、地域のみなさんが演奏会などを行えるようにするつもりです。

 

 森町長:今後の介護は地域との連携なしに成り立たちませんから。

 

 大木社長:だからこそベルライフ田原本を地域に開かれたホームとし、地域とのコラボレーションの拠点にできればと考えています。

高齢者福祉と地域子育て支援
事業を超えた交流がもたらす
地域活性化に期待

 峪口理事長:介護福祉施設でケアマネージャーとして働いていたとき、職場に子どもを連れて行くと、利用者さんは喜んで話し相手になってくださいました。子どもたちがおじいちゃん、おばあちゃんと触れ合って生活する機会が乏しくなってきている今、ベルライフ田原本さんの取り組みは、子どもにとって高齢者と触れ合う好機になるだろうと期待しています。

 

 大木社長:高田のホームでは地元高校のコーラス部や吹奏楽部が来て演奏していただいたり、ハロウィンでは仮装した子どもたちが訪問し、入居者様がお菓子を配られたり、多彩なイベントや行事を開催しています。ベルライフ田原本でも積極的に開催していくつもりです。

 

 峪口理事長:その際はぜひ、私どもが運営している地域子育て支援拠点事業も連携できればと思います。

 

 森町長:地域包括支援センターと連携して健康セミナーの開催や、田原本町へ転入してきた子育て中のファミリー層との交流の場など、地域活性化の拠点となることを期待しています。

あなたにオススメ