女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2021年11月25日

【手紙の書き方番外編】 コロナ禍の年賀状
一言メッセージ文例・例文

年賀状は大切なコミュニケーション
コロナ禍の年賀状に添えるメッセージ・言葉

不安やストレスの多いご時世だからこそ、
手書きのメッセージを添えましょう!

 

 年賀状はもう送りましたか? 

 

 「印刷したからあとは出すだけ」という方、ちょっと待った! 

 

 気軽に会えないご時世だからこそ、ぜひ手書きの一言メッセージを添えてください。なかなか電話をしたり手紙を送るタイミングやきっかけはつかめないものですが、だからこそ「年賀状」を利用して、温かな絆を再確認しませんか?

 

 

 「でも、こんなご時世におかしくないメッセージが思い浮かばない…」と不安な方も多いでしょう。せっかくなら気遣いの文面も添えたい…。そんな方のために、コロナ禍に使える文例をいくつかご紹介します。

 

コロナ禍対応 
年賀状に添える一言メッセージ文例・例文

 

 

 「おめでとう」や「今年もよろしく」などすでに印刷の文章に書かれていることを書いてもあまり意味がありません。しかも、今回は例年にはない「コロナ禍」という状況。本当は逢いたい気持ち、例年の予定を遂行できないこと、相手を思いやる気持ち、未来への希望などを添えるといいでしょう。

 

 

 

 

 相手との間柄や状況などによって、適した言葉は違ってきます。あくまで文例ですので、状況に合わせてアレンジしてください。

 

 

 

ふるさとの両親へ送る年賀状の一言メッセージ例

 

 

 

子どもたちもおじいちゃん・おばあちゃんに会いたがっています。落ち着いたらまたみんなで遊びにいきますね。

 

 

今年は帰省できなくて残念です。また電話で子どもたちの声もお聞かせします。

 

 

雪は大丈夫ですか? お母さんのお節料理、食べたかったなあ。

 

 

顔見て話せるように、早くスマホデビューしてよ!

 

 

 

 

友人へ送る年賀状の一言メッセージ例

 

 

 

落ち着いたらぜひゆっくりご飯でも食べに行きましょう! お互い元気に再会できる日を楽しみにしています

 

 

オンラインではなくリアルで会いたいよ~!

 

 

恒例の同窓会もできませんね。でもまたいつか…。それまでお互い老けないように(笑)。

 

 

一緒にスキーに行っていた日々が恋しい…。来冬は行けるといいね。

 

 

 

 

 あくまで、例文です。間柄や状況に応じて自由にアレンジするのはもちろん、本当に伝えたい気持ちをぜひ年賀状の片隅に手書きで添えてみてください。

 

 なかなか会えないご時世だからこそ、ちょっとした心遣いが響くはずです。

 

あなたにオススメ