女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「ベストコレクション」

2021年3月6日

特集「春は弥生のベストコレクション」⑥ 
チア・アップ!(上) (2020年 ヒューマン映画)

監督 ザラ・ヘイズ

出演 ダイアン・キートン/ジャッキー・ウィーヴァー/パム・グリア

シネマ365日 No.3496

「革命的」女性たち 

特集「春は弥生のベストコレクション」

末期ガンで余命少ないことを知ったマーサ(ダイアン・キートン)は、46年間住み慣れたニューヨークのアパートを引き払い、ジョージア州サン・スプリングのシニア・タウン(55歳以下は移住できない)を終の住処とします。隣人はシェリル(ジャッキー・ウィーヴァー)。自ら特技は「おせっかい」と称するほどの世話焼きです。マーサは最初、うるさがって電話にも出ませんでしたが、シェリルの悪意のないおせっかいに慣れて行き来するようになります。マーサの引っ越し荷物にチアリーダーのユニフォームを見つけたシェリルは「すごいわ」目を輝かせますが、マーサは「猛烈に練習し、高校3年の時やっと選ばれたが、母親の介護で出場できなかった」と打ち明ける。この町の住人は最低ひとつのクラブに入ることになっています。シェリルはチアリーディングのクラブを作ろうと誘います▼自分はもう直ぐ死ぬのにとマーサは思っているのですが、いいか、死ぬ前にせめて1度だけでも人前でチアやってみようと、クラブ設立を決めました。誰を応援するのと周囲は唖然。自分たちを応援するとマーサ。チアリーディングのメンバーは8人必要です。あと6人。マーサとシェリルのオーディションにアリスやオリーヴ(パム・グリア)が集まりますが、練習を始めると「腰が痛む」「肩が上がらない」「関節痛が出た」。練習場所もままならず、シェリルが先生をする学校でトレーニングすることにしました。高校生たちの華麗な演技に比べマーサたちはヨタヨタ。チームの1人ヘレンが倒れて入院しました。学生の1人が彼女らの練習風景を動画にして投稿すると、ヘレンの息子は恥を晒すなと猛反対。シニアタウンの会合でチアリーディングのクラブは禁止となりました。マーサとシェリルはチアリーディング部を復活させると決めました。なんとなれば3週間後に南部最大のチアダンスコンテストがあり全国から参加者が集まる。出場資格は18歳以上。「立派にクリアしているわ」。マーサとシェリルは大胆にも参加を決めました▼本作はザラ・ヘイズ監督の肝いりです。彼女にはドキュメンタリー映画「ダイアン・フォッシー:真実は霧の彼方へ」があります。シガニー・ウィーヴァーが動物学者ダイアンを演じ、アフリカのゴリラを密漁から守ろうとして、密漁者に暗殺される「愛は霧のかなたに」のドキュメント版です。ザラは新聞記事で70代の女性たちがチアリーディングチームを作ると知り「世間になんと言われようとも、既成概念に反抗するのは革命的」と映画化を決意しました。ダイアン・キートンは74歳。ありふれたGパン、木綿のざっくりしたシャツをダイアンが着ると「永遠のファッショニスタ」が蘇る。ミニスカートからのぞく脚の綺麗なこと。マーサのバディを組むシェリル、本編の核となる女性です。演じるジャッキー・ウィーヴァーはダイアン・キートンに伍する演技派。「アニマル・キングダム」「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー賞助演女優賞ノミネート。「イノセント・ガーデン」ではミステリアスな一家の謎をめぐってニコール・キッドマンと共演。そしてパム・グリア姉御は71歳。クエンティン・タランティーノ監督の「ジャッキー・ブラウン」でゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネート。何をしでかしてくれるやらわからない、不気味な女優たちが顔を揃えました。

 

あなたにオススメ