女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2021年8月27日

おいしい自然が大好き!
ちょいまるの野草・やさい活用術
【「飲む点滴」米麹甘酒で 健康パワーUP!】

身近なところで意外な発見!?

おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術

 「ちょいまるさん」こと、NPO「地球と自然」理事長の中西崇雄さんに、ウーマンライフ本紙の「伊賀・名張版」で「おいしい自然が大好き!ちょいまるの野草・やさい活用術」を毎月連載いただいています。身近なものなのに意外な発見がいっぱい! 生活に取り入れると、体の健康だけでなく心も豊かになりそうなノウハウが満載です。

 

 さて、今回はどんな発見があるのでしょう。ちょいまるさんに、野草や野菜などの役立つ活用術をご紹介いただきます。

「飲む点滴」米麹甘酒で健康パワーUP!

イラスト:Saki

 

 田んぼでは穂が実り稲刈りの季節がやってきた。お米から甘酒作り。

 

 甘酒は栄養優等生。別名「飲む点滴」の米麹甘酒はノンアルコールで総合ビタミン・アミノ酸が豊富な発酵ドリンク。体力回復・美肌・腸内環境改善・アンチエイジング…。

 

①米1合、水2カップで炊飯

②水2.2カップを加えて60℃以下にする

③ほぐした乾燥米麹200gを混ぜる

④炊飯器の保温機能でふたを開けて布をかぶせ55℃~60℃をキープ

⑤約10~12時間でできあがり。

 

 飲み方は冷やしても60℃に温めても良い。牛乳やサイダー、野菜ジュースで割るのもおいしい。

 

 この夏、忍菓ちょいまるでは名張産のこだわり米(国津農園)を使用した自作の米麹甘酒で無添加無砂糖の本葛甘酒アイスバーを新発売。お味はリンゴ・バナナ・えごまトマトの3種。

夏バテ対策にも米糀甘酒!

 

 ちょいまるさんのコラムはいかがでしたか? 

 

 「甘酒」と言うと、米麹を原料にするものと、酒粕を原料にするものがありますが、皆様はどちらに馴染みがありますか? 

 

 今回、ちょいまるさんがご紹介してくださったのは米糀甘酒。江戸時代には夏を乗り切るために甘酒が飲まれていたそうですよ。水分補給と栄養補給を同時にできる甘酒、夏バテ対策としてもぜひ作ってみてくださいね。

あなたにオススメ