女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2021年10月20日

10月21日、オリオン座流星群が極大に!

10月の天体イベント オリオン座流星群

 

 

オリオン座流星群の観察は21日深夜からがオススメ

 

 オリオン座流星群は10月中旬から下旬にかけて活動する流星群で、5月のみずがめ座η流星群と同じくハレー彗星(1P/Halley)が母天体であることが知られています。

 

 2021年は1021日(木)にオリオン座流星群の活動が極大となります。

 

 予測極大時刻は21時頃で、放射点が高くなる21日の深夜から22日の明け方にかけてが観察に適していると言えるでしょう。

 

 とはいえ、2021年は1020日(水)が満月。満月過ぎの月明かりの影響で見えづらく、さらには活動の規模も低調だとされています。極大時でも1時間あたり5個程度しか流れないため、1つでも見られたらラッキー、くらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。

 

 ただし、オリオン座流星群は長続きする流星群で、102日から117日までが出現期間になっています。月の影響が少ないタイミングを狙って、数日間は夜空に注目してみるといいでしょう。

 

放射点はオリオン座だから見つけやすい!

 

 放射点はオリオン座。星座の中でも有名で見つけやすいですよね。なるべく月が視界に入らないよう工夫して観察してみましょう。

あなたにオススメ