女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

令和3年師走のベストコレクション

2021年12月16日

特集「令和3年師走のベストコレクション」⑦
ニューヨーク親切なロシア料理店(2017年 ファンタジー映画)

監督 ロネ・シェルフィグ

出演 ゾーイ・カザン/アンドレア・ライズボロー/タハール・ラヒム

シネマ365日 No.3782

「やさしさ」の金太郎飴

心温まるヒューマンドラマ。どこを輪切りしても「やさしさ」と「親切」の金太郎飴です。刺激の強すぎる社会に生きていると、こういう映画に癒される人たちが多いに違いありません。ヒロイン、クララ(ゾーイ・カザン)の境遇は確かに悲惨よ。息子2人を殴る暴力亭主から逃げ車でニューヨークに来た。車で寝てホテルのパーティーに忍び込んでデザートを盗み、車で子供に食べさせる。泊まる金もないから警察に保護を泣きつき、シャワーだけ使わせてもらう。ホームレスへの炊き出しに並ぶ。図書館に粘り時間を潰す。夫は警察官だ。彼に見つからないよう居場所を転々とする。季節は真冬。寒さをしのぐため入った教会でアリス(アンドレア・ライズボロー)と出会う。彼女の本職は看護師。ボランティアで「赦しの会」を運営し、社会不適合の人々のセラビーをする。病院では12時間シフトも引き受ける。2年前男が別の女に走り、辛さを忘れるためありとあらゆる激務を自分に課している。彼女は行き場のないクララ親子のために教会の自分用のオフィスに泊まらせた▼夜中に次男ジュードが戸外に出て眠り込み、低体温で発見、病院に搬送されるが病院は規則として警察に通報し、夫が場所を突き止める。夫がやってくるまでにクララは教会から逃げ、ロシア料理店ウィンター・パレスにたどり着く。グランドピアノの下で眠り込んだクララと長男アンソニーに、レストランのマネージャー、マーク(タハール・ラヒム)は気づくが、訳ありと見てそのままにし、食事を置いて去る。クララはマークに訳を話し、レストランの最上階にあるマークの部屋に親子で居候させてもらう。クララの夫が病院に来て居場所を執拗に訊くが、事情を知っているアリスは独断でジュードを退院させ、ロシア料理店に。親子3人は再び一緒になれる。次から次、親切な人のオンパレードだ。クララのどこが気の毒なのだろう。リアリストのアンデルセンなら、ジュードを凍死させていますよ▼クララの幸運は続く。マークが弁護士を紹介した。普通揉めるはずの離婚裁判が、折も折、長男のハッキングによって夫の暴力映像が手に入り、夫が実父に暴力を振るったことが明るみに出て逮捕。長期刑務所入りだ。晴れてクララは田舎の元の家に戻るが、息子たちは刺激のある都会暮らしを望み、ニューヨークに、ロシア料理店の住まいに戻る。マークとクララに恋が芽生え、アリスは「赦しの会」に参加していた弁護士のジョンと付き合うことになった。アリスは激務に耐え切れず半ばウツで長期病欠していたが、心配してやってきた婦長は「赦しの会」への資金援助と職場復帰を申し出る。ロネ・シェルフィグ監督は好きなのですが「人生はシネマティック」で見せた深い切り込みがなく、ヒューマンであることをひたすら主張する平凡な出来に終わりました▼ひとつだけ、ポイントは上り調子のこの女優。アリス役のアンドレア・ライズボローです。初めて観たのは「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」の、エマ・ストーンの恋人役でしたが「スターリンの葬送狂想曲」でスターリンの娘、「マンディ地獄のロード・ウォリアー」ではニコラス・ケイジの愛する妻、彼女を惨殺したカルト集団にニコラスが地獄の復讐を果たす。「ナンシー」では30年前に行方不明になった女性になりすます女。本作では「バトル…」の時より持ち味に清澄感が増し、過去から逃げだしたい逃避願望が自分を追い詰め、抑圧にがんじがらめになった女性を哀切に、好演しています。

 

あなたにオススメ