女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2022年3月30日

お花見で開運! 桜風水で恋愛運も金運もアップ!?

桜はただ美しいだけじゃない!桜風水で運気アップを狙ってみよう!

 

桜だよりが届き始めると、自然と心がウキウキします。実は、「春が来た!」「桜がキレイ!」というだけでなく、風水的に桜には開運のパワーがあるようなのです。

恋愛運に良縁、子宝… 神様が宿る桜の木はパワースポット

日本の国花で日本の象徴ともいわれる、桜。「桜」という名前の語源は、「サ」は田の神様、「クラ」は「磐座(いわくら)」「御座(みくら)」の尊称にあるように神様が宿る場所である台座を意味すると言われています。つまり、桜は神様の依代! 春になると、桜の木に田の神様が宿り、花を咲かせてくれるという一説もあるほどです。

 

また、日本神話に登場する木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)は、「桜の花の化身」とされる絶世の美女で、「桜の花が咲き誇るように美しい女神」といわれています。縁結びや子宝、安産など女性にとってありがたい女神様であり、火や山の災難除けにもご利益があるとされています。そんな桜の木には、邪気を取り除く浄化パワーと開運パワーがあるといわれているのです。

ご利益を期待するなら、お花見は3回行こう!

 

毎年、お花見には何回行きますか? 実は、桜風水的には3回行くといいとされています。しかも、ただ「3回」ではなく、桜の状態を違えていくことが大切だそう。

 

 

開運のためのお花見1  咲き始め、3分咲き、5分咲きの桜 ~未来~

 

 

 

 

これは、生命力や未来の象徴だとされています。桜を眺めたり桜の木に触れながら、この先、たくさんの幸運がやってくることを願ってみましょう。「素敵な相手と出会いたい」「恋人と結婚したい」「子宝に恵まれますように」など、恋愛運や交際運、結婚運、人間関係、子宝に関する願い事がある方は特に試してみるといいかもしれませんね。

 

 

 

開運のためのお花見2  満開の桜 ~現在~

 

 

 

満開の桜は、繁栄や財力の象徴です。満開の桜をみながら、「ありがとうございます」と感謝の気持ちをつぶやきましょう。大切な人を思い浮かべて感謝したり、現在の生活がよりよくなるよう願ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

開運のためのお花見3  散り際の桜 ~過去~

 

 

 

 

最後には、散り際の桜も見に行きましょう。散り際の桜は、過去の象徴で、浄化や厄除けのパワーがあるとされています。桜吹雪を浴びながら、「病気が早く治りますように」「暮らしが楽になりますように」「悪い縁を断ち切れますように」など、縁を切りたいこと、抜け出したいことを願うといいでしょう。厄落としをして、次の出会いを引き寄せてくれるパワーがあるとされています。

桜吹雪に財布をかざせば金運もアップ!?

実は、厄落としパワーのある桜吹雪は、お財布の厄を落として金運アップにつながるといわれているんです。

 

桜吹雪での金運アップの方法

 

1 お財布の中身を全部出す

2 ほこりや汚れをキレイにする

3 桜吹雪に15秒ほどお財布をかざし、感謝と願い事をつぶやく

4 お財布の中身を整理しながら戻す

 

 

簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

 

「春財布(張る財布)」として、お財布がお金でパンパンになる金運アップにいいと、春にお財布を新調するのもいいようです。

 

 

信じるも信じないもあなた次第。

 

でも、このご時世、大騒ぎはできなくても、やっぱり春になると桜を愛でたくなるものです。せっかくなら、3回お花見に行って、それぞれ願い事をしてみてはいかがでしょう。

あなたにオススメ