女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

令和4年8月のベストコレクション

2022年8月1日

特集「令和4年8月のベストコレクション」①
ロイヤル・ナイト英国王女の秘密の外出(上)(2016年 事実に基づく映画)

監督 ジュリアン・ジャロルド
出演 サラ・ガドン/ベル・パウリー/ジャック・レイナー/ルパート・エヴェレット/エミリー・ワトソン

シネマ365日 No.4010

まあ、素敵な女王ね

1946年5月8日ヨーロッパ終戦記念日の夜、王女リリベット(エリザベスの愛称=サラ・ガドン)と妹のマーガレット(ベル・パウリー)が密かに街へ出た、という事実に基づく。分刻みの公務にウンザリした姉妹「フランス人は気取り屋よ」「私に任せて、マーガレット」「姉さんが説得してね。お母様は〝王族に自由はありません〟だから」「こんな薄暗く陰気な館で若さが朽ちるなんて」。リリベットは父王ジョージ6世に訴える。母エリザベス王妃は頑として反対。「あなたは女王になる身です。女王は王族の真髄を臣民に示すべきです」。リリベットはパパっ子だ。「人々とお父様のスピーチを聞けば反応が分かります」。父王は娘に王位継承者の自覚をみて「行かせてやろう」。「やった〜」叫んだのはマーガレット。姉妹とはいえ謹厳実直な姉と真逆。奔放でワイルドで(後年もあまり変わっていない)街に出た途端、祝賀の波を泳ぐように、行方をくらましてしまう。リリベットは慌てる…▼2022年6月2日から4日間にわたる「プラチナ・ジュビリー」が始まりました。エリザベス2世は1952年ジョージ6世の死去を受けて即位。ジュビリーは在位期間の節目を祝うイベントで、女王はこれまで1977(即位25周年)のシルバー・ジュビリー、2002年(同50周年)のゴールデン・ジュビリー、2012年(同60周年)のダイヤモンド・ジュビリーを祝っており、プラチナが4回目。イギリスで最も長い在位期間の長い君主となりました。こういう物凄い、かつ縁もゆかりもないイギリス女王に親近感を覚えたのは、次のエピソードです。ウィスキーのメッカ、スコットランドに最古の蒸留所(と主張する)グレンタレット蒸溜所に、ウィスキーキャットのタウザーがいました。ウィスキーキャットとは、麦を扱う蒸溜所にはネズミや鳥などが害を及ぼし、大麦を守るために蒸溜所で飼われる猫のこと。タウザーは生涯で2万8899匹のネズミを捕らえギネスブックに登録されたことで注目を集めます。タウザーの誕生日は4月21日。エリザベス女王と同じ日でした。1986年、タウザーの誕生日に蒸溜所のスタッフが、女王宛にタウザー名義でバースディーカードを送った。女王はタウザーを人間の年齢に換算し「116歳の誕生日、おめでとう」と返事した。まあ素敵な女王ね、と思ったのがきっかけでした。日本の皇室で考えられたかしら▼話を戻します。リリベットは妹を探しまくる。バスで乗り合わせた空軍兵ジャック(ジャック・レイナー)の助けを借りて、というより彼を引き摺り回し、「ピンクの花柄のドレスを着た、私より少し年下の女の子」を群衆の嵐の中で尋ね回る。その頃マーガレットは声をかけられた海軍士官と、犯罪の巣窟ソーホーの飲み屋で、あやしいクスリの入ったピンク・ジンで朦朧としていた。護衛の兵士は祝賀会だとハメを外し、ホテルに娼婦を呼んで飲めや、歌え。正気に戻ると王女2人は行方不明、「俺たちは死刑だ!」真っ青な顔で、転がるように探索に飛び出した。

あなたにオススメ