女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2022年2月3日

節分の日特集 ―食べ物、今むかし。豆、蕎麦、イワシ、恵方巻き(レシピつき)

2022年の節分は2月3日(木)、恵方は北北西

 

節分の意味・由来

 

節分は本来「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日を意味しており、「季節を分ける節目の日」とされていました。そのうち「立春」の前日だけが残り、現在の「節分」となりました。

 

節分の行事といえば鬼退治(鬼やらい)ですが、これは大晦日に宮中行事として行われていた「追儺(ついな)」が元になっています。もともとは中国で行われていた「儺(ヌオ)」という行事で、「邪神や疫病を追い払い、福を招き入れる祭り」でした。

 

これが日本に伝わって、「追儺」では、宮廷の貴族たちが弓を放ったり、振り太鼓を振って、「方相氏(ほうそうし)」と呼ばれる厄払い役を担う役人たちを応援したことが、現在の「豆をまいて鬼を追い払う」という儀式になったといわれています。

 

恵方の意味、2022年2月3日の恵方

 

2022年の恵方は北北西(厳密には北北西微北)。

 

「恵方」とは、その年の福徳を司る歳徳神(としとくじん)、いわゆる年神様がいらっしゃる方角です。実は、恵方は「東北東」「西南西」「南南東」「北北西」の四方しかなく、それと十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・丙・辛・壬・癸)を組み合わせることで、その年の恵方が決まります。吉方、明きの方ともいわれ、その方角に向かって事を行えば何事も吉とされています。

豆、鰯、年越し蕎麦で厄除け・金運・長寿・健康運! レシピも紹介

 

節分といえば豆。いやいや、巻き寿司でしょ?それに、鰯(イワシ)も忘れちゃダメね! そういや、ウチでは蕎麦なんかも食べてたよ、昔は。と、いろんな声が聞こえてきそうな「節分の食」。中でも「豆」「イワシ」「蕎麦」は、古くから節分に食べられているようです。その意味や由来を紹介します。

 

【豆】 節分に豆が食べられる理由

 

 

 

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるとされています。これについては、昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っています。

 

節分には歳の数だけ豆を食べることも知られていますが、その年とは昔の歳の数え方で、「節分には数え年の数だけ豆を食べる」ことが本来の考え方です。つまり、年齢の数プラス1個の豆。「来年も健康で幸せに過ごせますように」という願いが込められています。

 

しかし、食べるとなると、年齢によっては大変な方もいらっしゃることと思います。もちろん無理に食べてはいけませんが、畑のお肉と呼ばれる、たんぱく質が豊富な大豆。寒いこの時期にしっかり食べて、鬼(悪霊はもちろん、インフルエンザや風邪などにも!)に負けない強い体を作りましょう!

 

「昔の新年万歳!福茶」「鬼も喜ぶ大豆のカリカリ」のレシピはこちら!

 

【イワシ】節分でイワシを食べる理由

 

 

 

イワシを焼くときに出る煙と強い臭いで邪気を追い払い、弱く、卑しく、においの強いイワシを食べることで、体内の「陰の気を消す」という意味があるといわれています。

 

また、焼いたイワシの頭にヒイラギの枝を指したものを玄関に飾る風習を「柊鰯」「ヤイカガシ(焼き嗅がし)」と言います。尖ったヒイラギで鬼の眼を刺し、焼いたイワシの強い臭いで鬼を追い払う、魔除け・厄払いの意味があるといわれています。

 

海のない奈良では、一般的にはイワシにヒイラギ(雌雄のヒイラギでもメヒイラギ[雌のヒイラギ]が良いという地域も[例・奈良市高畑])のヤイカガシが多く見られますが、たとえばお隣の三重県では、イワシ以外にもボラ・エビ・サンマなどバラエティ豊か。挿す枝も、ヒイラギはもとより、椎やウバメガシ、竹、杉、ヒノキなどが使われているとか。呼び名も「アラクサ」「アクサイワシ」「オニノメツキ」「イタイクサイ」「オニカザリ」など様々。ほんと、いろいろありますね。

 

さて、あなたのお住まいの地域での「ヤイカガシ」は、どんなものでしょうか。一度、おじいさんやおばあさんに聞いてみるのもいいかも。

手間いらずオシャレに【厄除けオイルサーディン】のレシピはこちら!

 

【蕎麦】節分に食べるのが「年越しそば」!? 節分にそばを食べる理由

 

 

蕎麦を食べる日といえば…そりゃ大晦日でしょう!

 

そうです、現在一般的に12月31日に食べる蕎麦を「年越しそば」と言いますが、実は、江戸時代後期までは「年越しそば」と言えば、「節分に食べる蕎麦」を指していたそうです。

 

これはもちろん、「立春(一年の最初の日)の前日」である節分が、年の最後の日であることから、節分に食べる蕎麦を「年越し蕎麦」と呼ぶようになったといわれています。

 

では、なぜで年越しに蕎麦を食べるのか?

 

 

○お金がたくさん集まる説(晦日蕎麦)

金箔を使う細工師は、飛び散った粉を回収するために、”そば粉”を用いて集めたそうです。そこから「月末(年末)は、お金がいっぱい出て行くので、晦日(大晦日)にそばを食べて、来月(来年)はお金がたくさん集まるように」との思いから、”晦日(大晦日)にそばを食べる”という「晦日蕎麦」の習慣が生まれたとか。

 

○災難を断ち切る説

蕎麦は細いのですぐに切れます。そこで、「厄を断ち切るために、そばを食べて来年(来月)はいい年にしよう」との思いから、蕎麦を食べたという説。

 

○長生き説

そばは細長い食べ物。そこで、長寿を願って蕎麦を食べる習慣がうまれたという説。

 

○健康食品説

ソバは健康に良いという説が流行ったから年越しに蕎麦を食べたという説。

 

○ソバあやかり説

ソバという植物は、風で倒れてもすぐ起き上がるので、そのたくましさにあやかったから年越しに蕎麦を食べるようになったという説。

 

と、諸説ある節分(年越し)の蕎麦。きっといろいろな風習が混ざりあって、今のように年末に食べるものがメインとなったのでしょう。
古くから全国にある蕎麦ですが、しかし、節分に食べるといったことには、地域差がありそうです。それに比べて、ここ数十年で台頭してきたのが「恵方巻き」でした。

間違えたら福が逃げる!? 「恵方巻き」の正しい食べ方とは? 福を逃さないための恵方巻きルール

恵方巻き率=西高東低?!

 

節分の日の晩ごはんとして、多くの家庭の食卓にのぼる「恵方巻き」。スーパーやコンビニでも予約の受付もあるほど、恵方巻きは今やすっかり節分行事の食べ物として定着していますよね。

 

節分行事として行うものは、近年では豆まきより恵方巻きを食べることが多い、という調査結果もあるようです。

 

特に阪神圏では恵方巻きを食べる率が高いようです。これは、恵方巻きの由来が大阪にあるためと思われます。かつて、節分の時期においしく漬けあがったお新香を海苔巻きにし、商売繁盛を願って食べるという風習があり、大正時代に商人や花街の人々が、景気づけで食べていたといいます。

 

やがて、この風習を大阪の海苔や寿司業界が関西に広め、メディアやコンビニなどの流通業界の影響もあり、現在の全国的な広がりとなりました。

 

 

もうご存知の方も多いと思いますが、もう一度「恵方巻き」の食べ方をおさらいしましょう。

 

 

恵方巻きのルール1 太巻きをひとり1本ずつ準備する

福を巻き込むことから巻き寿司。縁を切らないよう包丁を入れずに丸ごと1本。七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きが望ましい。巻き寿司を鬼の金棒に見立て、それを退治する意味もあるらしい。

 

恵方巻きのルール2 恵方を向く

恵方とは、その年の歳徳神(としとくじん)の方角のことで、その年の最も良いとされる方角。

 

恵方巻きのルール3 願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる

しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまでは絶対に口をきいてはいけません。

家族全員、一定方向を向き、巻き寿司を黙って頬張る…何ともシュールなパフォーマンスですが、それもこれも本年の運のため!

 

Good Luck!!

伝統的な食べ物のあとには甘くて楽しい「節分スイーツ」! レシピも紹介!

日本の伝統行事である「節分」も、最近ではいろんな楽しみ方が広がってきました。その代表格と言えるのが、スイーツ! 巻き寿司のまるかぶりにちなんで、長いロール状のお菓子やケーキを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、簡単に手作りできる「節分スイーツ」レシピをご紹介! 親子で作ってみてはいかがでしょう。

 

 

正しい豆まきの作法・マナー

 

皆さんのご家庭ではどんなルールがありますか? 家庭や地方により、豆まきの仕方はそれぞれかもしれませんが、一応、「豆まきの典型的作法」というのがあるんです。買ってきて、「鬼は外~、福は内~」と言いながら撒けばいい、というわけではありません。「我が家流」もいいですが、一度、作法を知っておくのもいいのでは? 「正式に豆まきをしてみたい!」という方はぜひご参考に!

 

豆まき前に知っておきたい5つのルール

 

1.福豆(炒った大豆)を準備する

穀霊が宿るとされる大豆は鬼退治に適しており、芽が出ると災いが起こるとされるため必ず炒った豆を用意します。

 

2.マスまたは三方に入れて神棚に供える

神棚に供えることで神様の力が宿るとされます。神棚がないご家庭は、目線よりも高い場所(タンスの上など)に白い紙を敷いて供えます。

 

3.夜になってから豆をまく。

鬼は真夜中にやってくるため、福豆は夜にまきます。家族全員が揃ってからやるほうがいいから夜がいい、という意味合いもあるようです。

 

4.豆は家長が撒く。年男・年女・厄年の人が撒いてもいい。

家族の幸せを願うのは家族を代表する家長がふさわしいから。年男、年女、厄年の人が撒いて自分の厄を払うこともできます。もちろん、家族全員でまいてもかまいません。

 

5.豆を入れた枡は胸の高さで持つ。

撒くときも、そのまま胸の高さから!

 

 

正しい「鬼は外!福は内!」のタイミング

 

さて、手順やフォームを正したところで、掛け声も重要です。なんとなく「鬼は外! 福は内!」と連呼していてはダメ。家の玄関や窓を開けて「鬼は外!」と豆を撒き、鬼が戻ってこないようにすぐ戸や窓を閉めて、部屋の中に「福は内!」と言いながら撒きます。奥の部屋から玄関に向けて、順番に鬼を追い出すように進めましょう。

年の数!? 豆を食べる数は?

 

豆まきが終わったら、1年の厄除けを願って豆を食べます。豆の数は、もともとは満年齢+1つ(数え年)だったようですが、地方により異なります。しかし、いずれにしろ「年を取ってからいっぱい食べるのは歯が…」と思っている方もいらっしゃるのでは? 豆が食べきれない場合には、福茶を飲む方法でもいいそうですよ。

 

 

今年は、典型的な作法にのっとって、節分の豆まきを楽しんでみませんか?

あなたにオススメ