女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年8月8日

太陽と月に背いて (1995年) Total Eclipse (1995)

監督:アニエスカ・ホランド/Director: Agnieszka Holland

悪夢のようなランボー

 レオナルド・レカプリオはマーティン・スコセッシ監督と組んで「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」「ディパーテッド」「シャッターアイランド」を撮っている。どれもみなさすがの力作だが、でもなんでこう陰気くさい映画ばかりなの。「シャッターアイランド」とくれば精神疾患のある犯罪者を隔離収容する孤島の刑務所が舞台だった。で、考えるのだけど、こういうスコセッシの作風を承知の上で映画づくりをいっしょにやろうというのは気が合うというか、尊敬しあい、お互いに力量を認め合える肝胆相照らす仲なのでしょうね、この二人は。だからこう複雑・屈折・どこまでも込み入った映画を意気投合してつくるのでしょうね▼14歳でデビューしたレカプリオがトップスターに躍り出たのはいうまでもなく「タイタニック」である。23歳のときだ。レオ様フィーバーとなったこの映画で彼は溌剌とした明るい青年を演じ、これがまあどうしてあの陰々滅々としたスコセッシの世界に入りびたりになったのか不思議だったけど、その遠因がどうも「太陽と月に背いて」にあるような気がして仕方ないのだ。「タイタニック」に先立つこと二年、この映画にはのちのディカプリオの審美眼に適う「複雑系」「屈折系」「隠花植物系」ファクターが豊かに仕込まれており、彼はそれを活き活きと演じている▼ストーリーの中心はランボー(ディカプリオ)とヴェルレーヌ(デヴィッド・シューリル)の二年間だ。17歳のランボーの詩に魅せられた27歳のヴェルレーヌは妻子を捨てランボーと放浪する二年間である。デヴィッド・シュールは怪演だと思う。ランボーにいかれてしまったダメ亭主が一度は戻り、妻はやさしく受け容れるが再びランボーと遁走。文字通り空いた口がふさがらない。ヴェルレーヌもこんなやつといっしょだと破滅だとわかっているが悪夢のようなランボーと離れられない、まさに地獄の季節だった▼蒼い炎のように燃える詩人の魂を二人は好演した。ラストシーン。ヴェルレーヌはアブサンを二つ注文する。一つはランボーの面影のために。ランボーのリフレインが聴こえる。「とうとうみつけたよ。なにを? 永遠を。海に溶けこんで去ってしまった太陽のことだ」原題は「トータルイクリプス」イクリプスとは日蝕の蝕。詩の神に魂を蝕まれ尽くすことが、彼らの生きる目的でなく何だっただろう。

The nightmarish Rimbaud

Leonardo DiCaprio and Director Martin Scorsese have teamed to film Gangs of New York‚ The Aviator‚ The Departed and Shutter Island. All of which are powerful films‚ but why are they all so dismal? In Shutter Island the setting is a prison on a secluded island for mentally ill criminals. Thinking about it‚ are you saying that while knowing full well of Scorsese’s style that you want to make movies together? Or is it mutual-respect‚ inseparable friends who accept each other’s abilities? That’s why this pair hit it off making movies that are complex‚ distorted and completely complicated.
Debuting at 14 years old‚ it goes without saying that the movie that launched DiCaprio into a star was Titanic. He was 23 years old. This movie sparked DiCaprio fever; he played a vigorous‚ bright young man; why he often appeared in Scorsese’s gloomy world is strange‚ I can’t help but think that an indirect cause was something in Total Eclipse. Two years before Titanic‚ this movie is abundant in factors of "complicated"‚ "distorted" and "cryptogamic"; all meeting DiCaprio’s aesthetic sense to which he plays vividly.
Central to the story are the two years between Rimbaud (Leonardo DiCaprio) and Verlaine (David Thewlis). 27 year old Verlaine is fascinated in 17 year old Rimbaud’s poetry and leaves behind his wife and child to wander with Rimbaud for two years. I think David Thewlis’s performance is curious. Crazy for Rimbaud‚ this no-good-husband returns to his wife who kindly accepts him back‚ only to run off with Rimbaud again. It is quite literally jawdropping. Verlaine knows that it will be his destruction should he be with such a guy‚ but he cannot leave the nightmarish Rimbaud. It really is A Season in Hell.
Burning like a blue flame are the fine performances of the two poets’ spirits. Last scene: Verlaine orders two absinthes. One is for the image of Rimbaud. Rimbaud’s refrain can be heard. "At last I’ve found it." "Find what?" "Eternity. The sun which has melted away into the sea." The original title is "Total Eclipse." If their purpose in life wasn’t for their souls to be undermined by the god of poetry‚ then what was it?

あなたにオススメ