女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年8月12日

ソルト (2010年) Salt (2010)

監督: フィリップ・ノイス/Director: Phillip Noyce

アンジーの新代表作

 アンジー(アンジェリーナ・ジョリー)の代表作はなんだろう。もちろん「トウム・レイダー」がある。いや「チェンジリング」か。「Mr&Msスミス」も大ヒットした。24歳でオスカー助演女優賞に輝いた「17歳のカルテ」も忘れてはいけない。しかしララ・クラフト(トウム・レオダーの主人公)は劇画そのものだし「チェンジリング」は主演女優の存在より、監督(クリント。イーストウッド)のあやつるカラクリのほうが冴えて意識された。「Mr」? 代表作というよりブラピとの結婚記念日用映画では▼やはり「ソルト」だと思うのだ。もともとこの映画の主人公は男性で、トム・クルーズが予定されていたが、なにかの都合でアンジーに変わった。ホン(脚本)をみてアンジーは「いただき」と思ったのではないか。彼女の陰影の濃い性格がよく投影されているし、好きなアクションもふんだんに披露できる。彼女のアクションはハンパではない。「ウォンテッド」でみせた体の柔らかさ(映画は駄作だったが)なんか、きのう今日のつくり込みでないことはだれの目にも明らかだろう▼「ソルト」の筋書きは、CIAの女性職員が北朝鮮から救出されたのち、ロシアのスパイという嫌疑を受け逃走、敵からも味方からも追われ、八方ふさがりのなか、ロシア大統領の暗殺をひとり阻止しようとする。監督のフィリップ・ノイスは日本ではそんな超有名ではないかもしれないが、作品をきけばなるほどと思う。ジャック・ライアンシリーズの「パトリオット・ゲーム」「今そこにある危機」(いずれも主演ハリソン・フォード)のほか、おや、と思うのは1999年「ボーン・コレクター」でアンジーとこの監督はいっしょに仕事をしているのだ。1999年というのは彼女が「17歳」でオスカー助演女優賞をとり、女優として頭角を現した年だ▼共演はデンゼル・ワシントン。彼女にとってはある意味、結婚記念日用映画に負けない、記憶に残る仕事になったのではないか。「ソルト」で駆使された映画の技法はぐいぐい観客を引きずりこむ。まず台詞に頼らない。てきぱきショットを切り替え、巧みなメーキャップ(アンジーの七変化)、精緻な小道具(拳銃や武器のリアリティ)、心象風景を映す寒々としたロケの実写。映像本来の見せ方に熟知した61歳の監督に「お任せ」という感じで、アンジーはのびのび演じている。ラストでソルトがつぶやくのは「すべてを奪ったやつを殺してやる」これって「ソルト2」の予告でしょ。

Angie’s new masterpiece

I wonder what is Angie’s (Angelina Jolie) masterpiece? Of course there is Tomb Raider. No‚ how about Changeling? Mr and Mrs Smith was also a big hit. We musn’t forget her stunning Best Supporting Actress Oscar-winning film Girl‚ Interrupted‚ either. However‚ Lara Croft (the main character of Tomb Raider) is a story comic; in Changeling‚ we are more aware of the director’s (Clint Eastwood) manipulative trickery than the lead actress’ existence. What about Mr and Mrs Smith? That was more of a wedding anniversary movie than a masterpiece.
None the less‚ I think it is Salt. The protagonist of this movie was originally planned to cast Tom Cruise as the male lead‚ but for some reason or another it changed to Angie. Upon looking at the script she would have thought‚ "It’s mine." The darkness of her personality is well projected and she is able to display many of her much-liked action scenes. Her action isn’t half-assed either. It is clear to anyone that her flexible body as shown in Wanted (though the film was a flop) was not something that she got overnight.
Salt’s plot is about a female CIA agent who‚ upon being rescued from North Korea‚ is suspected of being a Russian spy and fleds; pursued from both sides and run into a corner‚ she single-handedly prevents the assassination of the Russian president. Director Philip Noyce might not be well-known in Japan but if you hear of his work I think you would know of him. Of which are the Jack Ryan series Patriot Games‚ Clear and Present Danger (all starring Harrison Ford)‚ and wait‚ this director was also working with Angie in the 1999 film The Bone Collector. 1999 was the year that she won Best Supporting Actress Oscar-winning film Girl‚ Interrupted‚ where she stood out as an actress.
Co-starring was Denzel Washington. In a way‚ working on Salt was memorable and didn’t lose to her wedding anniversary movie (Mr and Mrs Smith). Salt’s best film technique was that of strongly pulling in the audience. To begin with the film didn’t rely on dialogue. Rapid camera movement‚ skillful makeup (Angie’s various changes)‚ detailed props (the realism of guns and weapons)‚ and the imagined scenery as shown in the bleak live-action locations.
It feels as though the mature 61 year old director has said "Leave it to me" in how true film style is shown; in which Angie acts naturally. In the last scene Angie says "I’m going to kill those who took everything away from me." Is this the cue for Salt 2?

あなたにオススメ