女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年9月10日

プラダを着た悪魔(2006年) The Devil Wears Prada (2006)

監督:デヴィッド・フランケル/Director: David Frankel
出演 メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ/Starring: Meryl Streep‚ Anne Hathaway

挑戦するメリル・ストリープ

 主人公アンドレア(アン・ハサウェイ)が一流ファッション誌のカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントになる。この悪魔的な編集長の光と影をめぐって物語は展開する▼ミランダをストリープが演じたのは57歳のとき。まずこの事実がすごいと思うのである。ハリウッドの、というより映画の世界もまた典型的な男社会だった。主演女優の役柄と幅がどんなに限定されがちだったかは「エイリアン2」で述べたが、同時に主演女優は若く魅力的でなければならなかった。男優の場合、オスカー主演・助演男優賞が、デビューからそれぞれ12年、15年で受賞するのに比べ、女優は6年、8年と短い。デビューしてまもなく20代、少なくとも30代前半でオスカー主演・助演女優賞いずれかを受賞し、助演は脇役になる道もあるが、主演女優が中年以降ふさわしい役をみつける、あるいはイメージを変えることは難しく、引退を余儀なくされてしまうことをこの数字は意味する▼オードリー・ヘプバーンは1950年代にベストの仕事をした。ソフィア・ローレン、アン・バンクロフト、シャーリー・マクレーンは中年以後も賢明に役柄を選択し、偉大な実績を維持してきたが最盛期は1960年代だろう。フェイ・ダナウェイ、ダイアン・キートンは1970年代、そのあと台頭してきたのがストリープであるから40年に及んで第一線に立ちつづけている、ということになる。彼女はハリウッドで非常に困難な、極めて稀なことを成し遂げつつあるのだ▼もちろん時代の変化もあった。女にとっての追い風もあっただろう。しかしなんといってもオスカーにノミネートされること14度という本人の実力、女優という仕事への努力なしにできたことではないだろう。それにこれはストリープのみという偉業がオスカーの歴史にある。助演女優賞と主演女優賞を一人でとっているのだ。前者は「クレイマー、クレイマー」、後者は「ソフィーの選択」で。メリル・ストリープは進化しつづけている。彼女はどこまで挑戦するのか。じつに優れた女優であると思う。次回作は2012年公開予定「アイアンレディ」(鉄の女)。いわずとしれたイギリス宰相、マーガレット・サッチャーを演じるのだ。悪魔どころじゃないかもね。

Streep pushes the boundaries

Protagonist Andrea (Anne Hathaway) becomes the junior assistant of Miranda (Meryl Streep)‚ the charismatic editor-in-chief of a top fashion magazine. The story unfolds surrounding the dark and light of this devilish editor-in-chief.
Streep played the role of Miranda when she was 57 years old. Firstly I think this fact in itself is amazing. The world of Hollywood‚ rather‚ the world of film is typically a male society. As to the limits of depth and roles for lead actresses as I mentioned in my review on Aliens‚ at the same time‚ lead actresses are supposed to be young and attractive. For men‚ winning an Oscar for Best Actor or Best Supporting Actor takes 12 and 15 years respectively from their debut. Compare that with women‚ taking a short 6 and 8 years. Soon after debuting in their twenties‚ or at the very least in their thirties‚ they win either the Oscar for Best Actress or Best Supporting Actress; and although there is a path for being a supporting actress‚ lead actresses find their suitable role after reaching middle age. Or‚ they find that their image is hard to change‚ and retire from the profession‚ as these numbers suggest.
Audrey Hepburn did her best work in the 1950s. Sophia Loren‚ Anne Bancroft and Shirley MacLaine wisely chose their roles beyond middle age‚ and maintained a great record in the golden age of the 1960s. Faye Dunaway‚ Diane Keaton in the 1970s; and later coming to the forefront was Streep‚ who has kept on the front line over 40 years. In Hollywood she is achieving something very difficult and extremely rare.
Of course there were generational changes. I’m sure she had her own favourable wind. However‚ no matter what is said‚ her ability to be nominated fourteen times for an Oscar‚ the work of an actress couldn’t have been done without the effort she gave. In addition‚ in the history of the Oscars is the achievement of Streep only. She is getting the Best Actress and Best Supporting Actress prizes. The former in Kramer vs. Kramer‚ and the latter in Sophie’s Choice. Meryl Streep continues to evolve. How far will she push the boundaries? I think she really is a brilliant actress. Her next film is the 2012 planned release The Iron Lady. Obviously playing the role of the British prime minister‚ Margaret Thatcher. Now might not be the time to be just a devil.

あなたにオススメ