女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年9月12日

サウンド・オブ・ミュージック(1965年) The Sound of Music (1965)

監督:ロバート・ワイズ/Director: Robert Wise
出演 ジュリー・アンドリュース、クリストファ・プラマ/Starring: Julie Andrews‚ Christopher Plummer ー

イメージの落とし穴

 第二次世界大戦前夜、修道女見習いのマリア(ジュリー・アンドリュース)は、トラップ大佐(クリストファ・プラマー)の7人の子供たちの家庭教師をすることになる。マリアは持ち前の明るい性格でたちまち子供たちと打ち解けるが…「サウンド・オブ・ミュージック」の前年、ジュリー・アンドリュースはブロードウェイで出演中「キャメロット」を見にきたウォルト・ディズニーによって「メリー・ポピンズ」の主役に抜擢された。しかもオスカー主演女優賞に輝いた。翌年に決まったのが「ウェストサイド物語」の巨匠ロバート・ワイズがてがける「サウンド・オブ」のマリア役だ。とんとん拍子の大躍進だった。水を得た魚のようにジュリーは好演し、世界中でブレイクした▼「ドレミの歌」「マリア」「自信をもって」「エーデルワイズ」「すべての山にのぼれ」。美しい歌声は舞台だけでなくスクリーンでも多くのファンを魅了した。この映画によってジュリーのイメージは決定的になった。明るく清潔で頼りになる母親、聡明で勇気があり、母性に富む伝統的で健康な母親像である。デビュー作でオスカー、つづいて世界的なヒットという恵まれたスタートだったが、なにごともすべてうまくいくほど、どの業界も甘くない▼イメージが余りに早く決まってしまったことで、スクリーンのキャリアまで固定されてしまったのだ。なにを演じても明るく健康なイメージがつきまとう。ヒッチコック監督のポール・ニューマン共演という「引き裂かれたカーテン」では、ジュリーにすれば珍しくベッドシーンもあったが、映画は成功とはいえなかったと思う。「S・O・B」ではトップレスにもなった。これほどの努力をもってしてもイメージの壁は厚かった。この間、映画界ではジェーン・フォンダやダイアン・キートンら闘う女、主張する女、自意識にめざめた女らが台頭しており、いわゆる「良妻賢母像」は肩身が狭くなってきていた▼ジュリーはやがて「マンディ」で童話作家デビューする一方「ビクター/ビクトリア」で待望のノミネートをはたす。まったく悪戦苦闘の時代だった。余りに重いオスカーの呪縛であるが、それは女優のための優れた役柄が少なく、選択肢に限りがあるハリウッドの在り方にもつながっていた。

The typecasting pitfall

The night before the outbreak of World War II‚ postulate Maria (Julie Andrews) becomes the governess of Navy Captain Georg von Trapp’s (Christopher Plummer) seven children. Maria is cheerful by nature and is soon at ease with the children. The year before The Sound of Music‚ Julie Andrews‚ who was performing in Camelot on Broadway‚ was seen by Walt Disney and selected as the lead in Mary Poppins. Moreover‚ Andrews won the oscar for Best Female Lead. What decided everything was playing the role of Maria in master Robert Wise’s (who also did West Side Story) The Sound of Music. She burst forward in great strides. Andrews was in her element and performed well‚ allowing for her worldwide breakthrough.
Do Re Mi‚ Maria‚ I Have Confidence in Me‚ Edelweiss‚ Climb Every Mountain. Not only her beautiful voice on stage‚ but on the screen she captivated many fans. With this movie‚ Andrews’ "character" was decided. A bright‚ respectable and dependable mother‚ wise and brave‚ brimming with maternal attributes; a traditional‚ healthy mother figure. Winning an Oscar at her debut‚ her start was blessed with the continuance of being a worldwide sensation‚ the industry itself however‚ is not so forgiving for everything to go along perfect.
As her image was so quickly determined‚ even her screen career was set in stone. No matter what role she performed‚ she was haunted by her cheerful‚ healthy image. In director Alfred Hitchcock’s "Torn Curtain"‚ co-starring Paul Newman‚ there was a bedroom scene which was quite rare for Andrews‚ but I don’t think you can say that the movie was a success. In the film S.O.B. she went topless. Even with this much effort‚ the barrier of her "image" was unbreakable. During this time‚ in the film world‚ Jane Fonda‚ Diane Keaton and others were fighting women‚ assertive women‚ women woken to their own consciousness; all rising forward‚ and the image of the "good wife and wise mother" was being put to shame.
Before long Andrews made her debut as a children’s story writer with Mandy‚ and received a long-awaited nomination (Tony Award for Best Actress in a Musical) for Victor/Victoria. This era really was a desperate struggle. Although there was the heavy Oscars curse‚ the scarcity of brilliant roles for actresses and the limited choices available were linked to the way of Hollywood.