女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年8月6日

ノーカントリー (2007年) No Country for Old Men (2007)

監督:コーエン兄弟/Director: Coen brothers

精神の荒野

 見終わった感想を一言でいえば「寂寞」だった。ファーストシーンからキャメラは人影ひとつない荒野の地肌を這うように移動する。これから始まる映画がカラカラに乾いたものであることが伝わる。同じコーエン兄弟の監督した「ファーゴ」が雪の田舎町であったように、また処女監督作の「ブラッドシンプル」がそうであったように、この映画の舞台もまた田舎町の犯罪であることが予感される▼それにしてもバビエル・バルデム扮する殺し屋の気色悪さはどうだ。一度みたらうなされるような殺人マシーンで、芝でも刈るように人を殺していく。彼はこの役でオスカー助演男優賞をとる。作品賞、監督賞、脚本賞も受賞し批評家からは絶賛の嵐。興行収益はアメリカ国内だけで8700万ドル、国外で7400万ドルという大ヒットだった▼それだけにこの映画を絶賛した人に聞いてみたい。一体どこがよかったのか。辟易するほど虚しくなる。アメリカもたいへんな国になったものだ。アメリカ社会はマゾヒスティックになっていき、だからこんなおぞましい暗部を解剖したような映画を「よくやった、素晴らしい」と賛嘆するのではないか▼考えてみれば無差別大量殺人を扱った邦画に「八つ墓村」があった(1977年)。野村芳太郎監督・横溝正史原作によるが、もともとは妻と村人32人を猟銃で虐殺した事件が下敷きになっている。興行収益19億9000万円は松竹の社史に残るヒットだ。確かに「八墓村」はおどろおどろしいが、それは手を変え、品を変え、鬼面人を驚かすからくり屋敷の恐怖に似ている。映画から伝わる語り口はどこまでも芝居の中のできごとで、だれもあの映画を現実社会の一部とは受けとめず「祟りじゃ」は流行語になった▼コーエン兄弟の作風といえば、ドタバタ、スリラー、ギャングもの、犯罪ドラマと、ジャンル映画を得意とし、いつも意表をつくなにかがあった。「ノーカントリー」はこの事件を最後に退職した老保安官(トミー・リー・ジョーンズ)の独語で終わる。犯人は逮捕されず逃亡したまま、ふっつりと徹底的に虚しく終わるのである。救いのない虚しさがこの映画の主人公だ。トミー・リー・ジョーンズの母親は警官だった。彼に刑事や保安官や警官の役が多いのは「警官の血」だね。

The wilds of the mind

My impression after I finished watching was that of‘loneliness.’ From the first scene the camera moves as though crawling across the ground of a desolate wasteland. From here it is conveyed that the movie is as dry as dust.
As the Coen brothers did with the winter countryside in Fargo‚ and as in their maiden work Blood Simple‚ we can anticipate that the scene for this movie will be of countryside crime.
Even so‚ what can you make of the sickening assassin who is Javier Bardem? He’s the killing machine that gives you nightmares‚ killing people as if cutting lawn. He later took the Oscar award of Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Motion Picture for the role. It also won Best Picture‚ Best Screenplay‚ as well as a storm of praise from the critics. This film grossed $87‚000‚000 at the American box office alone and $74‚000‚000 overseas.
I just want to ask this to those who raved about this movie: what exactly was so good about it? To the point of disgust I became empty inside. America has become a hard country. As American society becomes masochistic‚ is that why this movie‚ like a dissection of a horrifying darkness‚ was so praised with words of "good job‚ wonderful!"?
When you think about it there is the Japanese film Yatsuhakamura (Village of Eight Gravestones) (1977) which dealt with indiscriminate mass murder. Directed by Yoshitaro Nomura and based on Seishi Yokomizo’s novel it is the case of a wife and thirty-two villagers who were massacred by shotgun. Certainly Village of Eight Gravestones is weird‚ but by all possible means it resembles the frightening bluff of a fun house. In all areas of how the story is told in this movie nobody took it as a part of contemporary society‚ and from it came the buzzword "Tatari ja!" (It’s a curse!).
The style that the Coen brothers are strong at are genre films; slapstick‚ thriller‚ gang‚ crime-drama‚ to which there is always something surprising. No Country for Old Men finishes with the monologue of old sheriff (Tommy Lee Jones) who has retired after the case. With the criminals still on the run ‚ the movie abruptly finishes in a completely empty manner. An irredeemable emptiness is the central character of this movie. Tommy Lee Jones’ mother was a police officer. It’s in his blood that he often plays the roles of detectives‚ sheriffs and police officers.

あなたにオススメ