女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2019年9月11日

【手紙の書き方 番外編】孫からの手紙がランクアップ! おじいちゃん・おばあちゃんを喜ばせる必殺技

手紙の書き方 番外編
手紙をもっとステキにする方法

プレゼント以上に喜ばれる!? とっておきのアイテムとは?

 

もうすぐ敬老の日。

 

日頃お世話になっているおじいちゃん・おばあちゃんに敬愛・感謝の気持ちを伝え、長寿を祝う日です。同居していても、遠く離れていても、ぜひこの日は気持ちを伝えてください。

 

「お小遣いで買えるプレゼントは限られている」「何が好きかわからない」「何もいらないよ、と言われた」「じっくり品定めする時間がない」「いろいろプレゼントしてきてネタが尽きた」…さまざまな事情でプレゼント選びに頭を悩ませている方も多いでしょう。

 

でも、どんなプレゼントでも劇的な喜びと感動をプラスできるとっておきの方法があるんです。

 

それが、手紙! 手書きの手紙こそ、何にも勝るプレゼント! ぜひ品物に添えてください。手渡せない時はお手紙を郵送しましょう。あなたを愛してくれているおじいちゃん・おばあちゃんにとって、孫から届いたメッセージはとても特別な宝物となるはずです。「手紙なんて苦手」「何を書いていいかわからない」という方も、簡単にステキなお手紙が書けるコツをご紹介しましょう。

おじいちゃん・おばあちゃんに感動を。 簡単にお手紙上手になれる3つのポイント

 

さて、普段おじいちゃん・おばあちゃんにお手紙を書かないお孫さんにとって、お手紙は一瞬ハードルが高いと思うかもしれません。しかし、そんなことはないんです!

 

何を書けばいいか

それは「手紙の書き方 番外編 敬老の日目前!“孫力”を発揮する手紙の書き方・例文 お助けポイント」をご参考にしていただければ、怖いものなし!

 

どう書けばいいのか

それは下の3つのポイントを押さえるだけ! しかもめちゃくちゃ簡単! お手紙初心者でも実行できる「感動増し増し技」をご紹介しましょう。

 

 

1.文章は短くてOK!

手紙というと、いろいろ堅苦しく考えてしまいがちですが、思いを素直に、シンプルな言葉で伝えるだけで十分です。年を重ねるごとに、細かい字が苦手になります。小さい字でびっしり書くよりも、大きな字で簡潔に表現した方が、読みやすく、印象に残るでしょう。

 

2.カラーペンを使って、彩りを添えよう!

市販のカードもいろいろありますが、お手持ちの便箋でも、いろんな色で飾れば華やかでポップになります。絵を添えられればいいですが、絵が苦手な方も、ハートや水玉など「模様」なら描けませんか? ところどころにワンポイントを添えれば簡単にかわいい印象になります。シールを貼るのもGOOD!

 

3.写真や絵などを同封しよう!

なかなか会えないなら、近況報告を兼ねて、近日に撮影した写真を同封するといいでしょう。成長を目にするのはとてもうれしいものです。小さな子供なら、おじいちゃん・おばあちゃんの似顔絵などを同封するのも喜ばれます。

 

どうです? これなら簡単にできるでしょう?

さらに、おじいちゃん・おばあちゃんを感動させるとっておきの魔法の言葉をご紹介した「“孫力”を発揮する手紙の書き方・例文 お助けポイント」も併せて参考にしていただくことで、お孫さんからの素敵なプレゼントが完成します!

 

日頃の感謝を込めて、敬老の日にはお孫さんからおじいちゃん・おばあちゃんに素敵なお手紙をプレゼントしてくださいね。