女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

あの日の子育て日記 こままごと

2021年11月13日

あの日の子育て日記 こままごと Vol.202
1週間の大戦争 1

愛するわが子の成長の記録をしっかり残したい…
そんな思いが生んだ、「子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」

「子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」

 

  ウーマンライフ新聞社の女性スタッフの間から、「ウチの子の成長、もっとちゃんと記録しておけばよかった」「写真もデータのままでパソコンやスマホの中に放置」そんな後悔の声があがりました。その一方で、「お母さんが整理してくれたアルバムを見て、大切に育ててくれたんだな、と嬉しくなる」という子ども目線の意見もありました。そんな親と子の想いから生まれたのが、「子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」です。

 

 

 当時から「子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」があればもっと楽に書けたはず…と思いつつ、思い出の数々を「あの日の子育て日記 こままごと」として綴ることにしました。妊娠した瞬間から「子」と「ママ」の出来「ごと」にあふれたものになるーそれが、「こままごと」と名付けた理由です。その中に、「おままごと」遊びをした時に味わったような楽しさやあったかさも描けたらいいな、との想いもありました。これから子育てする方も、すっかり子育てを卒業した方も、一緒に成長を見守っていただければ幸いです。

 

 

あの日の子育て日記 こままごと 
Vol.202 1週間の大戦争 1

先生に娘が呼び出され…

 

 娘のクラスでは入学早々に長期留学に行った子や、1年間、留学生のホームステイを受け入れている子など、国際交流が盛んでした。

 

 ある日、学校の先生にクラスメイト数人が呼び出され、「1週間の留学生受け入れ」を打診されたというのです。帰宅した娘にその話を聞かされてビックリ! 相手は日本語を学んでいる子ではなく、今回の趣旨も「日本文化を経験する」というもので、日本語は全く話せません。不安は尽きませんが、先生もこの家なら信頼できると思って言ってくださったのでしょうし、こんな経験もなかなかできるものではありません。1週間と期間が短いのも、何とかやってみようか、と思える要因でした。声をかけられた人たちは皆さん受け入れられるとのことなので、我が家でもOKの返事をすることにしました。

 

 

子から親へのメッセージ

 

 

「お母さんへ

私もビックリしました。家で寝泊まりさせるのだから、家にとっての一大事。いろいろありがとう。

娘より」

 

あなたも、子育ての記録を残しませんか?
「子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」

 

妊娠が分かった時、ママとパパはこう思ったんだよ。

あなたがお腹の中にいた時、こんなことがあったんだよ。

あなたが生まれた時、これほど多くの人が祝福してくれたんだよ。

あなたはこうして成長したんだよ。

かけがえのない一瞬、その時抱いた心情を写真とコメントで手軽に残せるのが、「子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」です。

 

母子手帳に挟んだままになりがちなエコー写真を貼るスペースもあり、妊娠期間の数カ月と誕生後、成人までの20年間をまとめられる、「子育て日記」と「アルバム」の要素を兼ね備えた一冊です。

 

 

詳しくはお問い合わせください。

ウーマンライフ通販

TEL 0120-701-209 (9:00~18:00、日祝休)

FAX 0742-94-3737

奈良市大宮町5丁目3-33 新奈良ビル

あなたにオススメ